クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

情報 海外 自動車

【新型】ランドローバー ディフェンダー テスト車両が現る

投稿日:

Pocket

最新の衝突安全基準や排ガス規制に対応することが難しくなったという理由により2015年12月20日を持って惜しまれつつも生産終了となり67年の歴史に幕を下したランドローバー ディフェンダーですが、新型の開発が進んでいるようです。

新型ディフェンダー 2020年登場か。

(和訳)

ランドローバーの新型ディフェンダーのカモフラージュされたテスト車両が確認されました。生産間近と思われます。

出典:www.autoexpress.co.uk

2018年パリモーターショーについていえば、Jaguar Land Roverのチーフマーケティングオフィサーであるフェリックス氏は「アイコンの再生を正式に公表することに一歩近づくことは、とても興奮しています。」と述べています。

我々は冬にも新型ディフェンダーのテスト車両を目撃していますが、車両はただレンジローバースポーツを短くしたものにディフェンダーの装備を搭載しただけのものでした。今回捉えた写真は生産モデルにより近いディフェンダーとしては初めてのものです。

この写真に関してLand Roverは公式なコメントをしていませんが、声明のなかで、Jaguar Land Roverは幅広い技術と技術開発プログラムを運営しているとしたうえで、ディフェンダー・プログラムは順調に進行しており、その開発がエキサイティングな段階にあるとしています。

この新型ディフェンダーの発売日は不明確なものの、Land Roverは顧客への納車が2年未満であることを暗示しています。 フェリックス氏はAutoExpressに次のように語っています。「2020年までに本当に興奮したお客様には初めての車を届けなければなりません。列車は駅を出発していますが、特定の日に急いでいるわけではありません。」

出典:www.autoexpress.co.uk

新しいスパイショットは、古典的なディフェンダーの形の完全な更新を明らかにしています。 4ドアのテストカーには、重い被覆材で覆われているように見える大きなフラットなボンネットがあります。下のスリムなグリルには、同様に滑らかなヘッドライトユニットが両端にあります。使い慣れたランドローバーの通気孔はフロントホイールアーチの後ろに見え、窓は箱のようなショルダーラインから戻っています。

後部では、新型ディフェンダーの側面が屋根の方に向かって先細りになり、サイドヒンジ式のテールゲートがよりよく知られている正方形の照明ユニットに隣接する荷物ベイにアクセスできるようになっています。

しかし、それらは古いモデルとの類似点を示しますが、Land Roverは元のレプリカを製作したくないことは明らかです。 フェリックス氏は次のように述べています。「新しいディフェンダーは単純にコピーキャットではなく、レトロなものです。それはLand Roverのゲームを動かすものになります。」

写真の車両には、DVLAの登録情報に基づいて2.0リットルのディーゼルエンジンが装備されていますが、2020年後のモデルすべてが何らかの方法で電化されることをLand Roverがすでに確認しているので、少なくとも48ボルトのマイルドハイブリッドシステムになると予想されます。Jaguar Land Roverは、すべての世界市場で成功するためには、ディフェンダーが「バランスの取れたエンジンポートフォリオ」を必要とすると主張しています。

これは長いホイールベースのディフェンダー 110モデルのようですが、Land Roverはより短いホイールベースでディフェンダー 90を開発しており、そのバージョンの価格はわずか40,000ポンドからとなるでしょう。

出典:www.autoexpress.co.uk

出典元へ➔

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-情報, 海外, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【日産】6工場でISO認証取り消しへ。ISOとは?

2017年9月29日、日産自動車は会見を行い、新車出荷前に行う完成車検査工程の一部の項目で資格のない者が検査をしていたと発表しました。国土交通省による同社工場への立ち入り検査により判明しました。それを …

【2016~2017】絶版?いつの間にか消えた車たち

自動車は新車やマイナーチェンジを経て、時代とともに日々進化しています。そのなかで時代遅れ、需要減少などにより人知れず消えていった車も数多く存在します。 三菱エボのような有名どころが生産終了される際には …

【アメリカ】昔の日本車がアメリカで売られる!こんな変わり種まで?

アメリカでは、国内で販売されていない車は一般的に乗ることができません。しかし製造から25年経過すれば輸入でき、公道を走ることが認められるルールがあります。 こうしているうちにも、多くの日本の名車がアメ …

【2018】1月度新車販売台数分析 CX-8/クロスビーやいかに?

2018年1月度の新車販売台数が自販連より発表されました。本記事ではそのデータをもとに詳しく分析したいと思います。新車ご購入の参考になれば幸いです。 【今月の注目ポイント】 マツダCX-8、スズキクロ …

【スバル】新型WRX-STIは400馬力?

スバルを代表するパフォーマンスカーであるWRX STIについて、新たな情報が出てきています。 AWDを基本にしたハイパワーモデルになりそうです。 アセント、レガシー、アウトバックの強力版エンジン搭載か …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
スポンサーリンク