クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

情報 自動車

【新車】ハスラー1000cc!スズキのSUV戦略とは?

投稿日:2017年8月28日 更新日:

Pocket

スズキに関しては新型ジムニーの話題で持ち切りですが、軽自動車「ハスラー」の第2弾として新たな小型車を開発し、早ければ年内にも市場投入する計画であると判明しました。

本記事ではその内容について出来る限り予想してみたいと思います。

ハスラーとは?

2014年1月に発売を開始した軽トールワゴンとSUVの双方の要素を融合させた新ジャンルの軽自動車です。アウトドアやスポーツといったレジャーを好むユーザー、あるいは雪道といった起伏のある路面を走行する機会が多いユーザーを想定した、「アクティブなライフスタイルに似合う軽クロスオーバー」をコンセプトに開発された人気車種です。

スズキハスラー       出展:suzuki.co.jp

 

1000ccハスラーとは?

今のところ車名はハスラーとは関係がないと言われていますが、ここではハスラー1000と呼ぶことにしましょう。明らかな情報は多くありませんが、いくつか予想してみました。

・デザイン予想

デザインはもちろんハスラーを踏襲することになるでしょう。丸目ヘッドライトのボクシーなスタイリングはそのままに、エンジンを大型化し、室内空間や荷室も拡大されます。もちろん5人乗りとなります。

SUVというと背面タイヤのイメージがありますが、ユーティリティの面からこのハスラー1000には搭載されないと思われます。

新型ジムニーのデザインは原点回帰の角ばったデザインが特徴的ですが、このハスラー1000にも同じようなテイストが適応される可能性もあります。ですが様々な客層に受け入れられるためには極端すぎるデザインはかえって倦厭されますから、新型ジムニーとハスラーを足して2で割ったような見た目と勝手に予想してみます。

 スペック予想

現時点では明らかになっていませんが、1000ccクラスのエンジンと言うことはハッキリと分かっています。エンジンルームが拡大することで、マイルドハイブリッドの設定も可能性としてはあります。

また現行ハスラーにはMTの設定があるため、このハスラー1000に関してもMTが設定される可能性は大いにあります。

価格予想

ハスラーの価格は\1,078,920~\1,866,240となっています。単純に考えてもハスラー1000は、これよりもさらに値段が上がることが予想されます。

ではジムニーがジムニーシエラになるとどれだけ値段が上がるのでしょうか。スズキのメーカーサイトによると、各車の価格は、

ジムニー:\1,296,000~\1,625,400
ジムニーシエラ:\1,668,040~\1,779,840

となっており、その差はおよそ40~60万円となります。しかしこの2つはボディを共同使用していますが、ハスラーの場合4人乗りから5人乗りにするためにはボディを一から設計しなくてはいけません。仮にジムニーの場合の2倍のコストがかかるとすると、ハスラー1000の価格は少なくとも180万円~220万円といったところかと予想してみます。

ハスラーの大きい版というより、ハスラー似の新型SUVと考えるといいかもしれません。

税金

軽自動車ではないので、もちろん税金も大きく跳ね上がります。

軽自動車税では乗用として年間10,800円ですが、普通車の場合1.0超~1.5リッター以下で年間34,500円となります。しかしエコカー減税が適応されるでしょう。

 

ハスラーの販売台数は?

全軽自連が発表した2017年7月度の軽自動車販売台数におけるハスラーの販売台数は5822台と、軽自動車中9位という順位です。これは10位につけるホンダのN-WGNよりも1000台以上も多い販売台数で、その勢いは未だ衰えていません。

これは軽クロスオーバーという独自の路線が市場に受け入れられたためであり、さらにはハスラー以外に受け皿がないことも一因かと思われます。

スズキとしてはこの勢いをそのままに、注力する国内小型車販売に弾みをつけたいところでしょう。

新型ジムニーとの差別化は?

画像が明らかになった新型ジムニーシエラ(以下シエラ)ですが、こちらもジムニーをベースとした小型乗用車です。小型オフロードと言う点では同じ土俵になるわけですがその差は何なのでしょうか?

新型ジムニーシエラ      出展:response.jp

本格オフロードか否か

シエラの場合ラダーフレームを採用する可能性が高く、ハスラー1000はハスラー同様モノコックボディが採用される可能性が高いです。本格オフロード車という点ではシエラに軍配が上がるはずです。

しかし普通車規格になったことで車高が上がり、タイヤとフロントバンパーとの角度(アプローチアングル)とタイヤとリヤバンパーとの角度(ディパーチャーアングル)が広がれば、走破性は増します。

駆動方式

ジムニー、ジムニーシエラはともにFR(後輪駆動)がベースとなっていますが、ハスラーに限らず、世に出ているSUVの大半がFF(前輪駆動)ベースとなっています。4WDは用意されるはずですが、ハスラー1000もおそらくベースはFFかと思われます。

車内の広さ

4ドアのハスラー1000は、2ドアのジムニーに比べて格段に実用性が上がります。家族や友人などと楽しく出かけるのはシエラでは難しいところです。シートアレンジなども気になるところです。

SUV激戦区に乗り込む

SUVはミニバンとともに近年人気の車種ですが、軽自動車の枠を超えると言うことは、その激戦区に飛び込むことを意味します。

こちらは2017年7月度の新車販売台数の上位30車種におけるSUVの販売台数です。

順位 メーカー 車種 販売台数
1 トヨタ C-HR 8,069
2 トヨタ ハリアー 5,598
3 ホンダ ヴェゼル 5,094
4 日産 エクストレイル 4,383
5 マツダ CX-5 2,714
6 マツダ CX-3 2,071

同じ7月度のハスラーの販売数は5822台ですが、同じコンセプトで一体どれだけ売り上げることができるのでしょうか。スズキがラインナップしているSUVには「エスクード」がありますが、販売台数では低迷しています。もちろん国内に限っての話ですが、大きなSUVに関してはスズキはかつてほどの元気がありません

そういった現状を打破するためにも、大人気車種であるハスラーのコンセプトをそのままに、大きなSUV市場に打って出ようと言うことかもしれません。

気になる情報が入り次第、お伝えしたく思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-情報, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【事故】転落した車がケンメリを直撃!よりによって・・・

またしても旧車が犠牲になる事故が発生しました。 81歳の女性高齢ドライバーがフェンスを突き破り、下の駐車場に止めてあったスカイラインC110型(通称ケンメリ)に突っ込みました。 フェンス突き破り車転落 …

【トヨタ】ハイラックス日本復活!あの問題は解決したのか?

トヨタのハイラックスが2017年9月12日より販売開始となりました。 1997年から2004年まで発売された6代目 (140/150/160/170系)を最後に日本での後継車は販売されておらず、13年 …

【ロシア車】安全装備はあるのか?最新ロシア車を調査

日本で発売されている自動車には多くの安全装備が搭載されています。 エアーバッグはもちろんのこと、自動ブレーキや操舵補助など、カメラとセンサーを使った先進技術がほとんどのモデルに採用されています。 では …

【法律】トヨタ社長「車の税金高すぎ」

日本自動車工業会 会長であり、トヨタ自動車社長の豊田章男氏は、日本の自動車にかかる税金について「高すぎるので国際基準にする必要がある」との認識を示しました。 国内トップの自動車メーカー社長のこの言葉は …

【テスラ】新型電気トラック「セミ」その性能はいかに?

アメリカの電気自動車会社「テスラモータース」が本格的な電気で動くトラック「セミ」を発表しました。 果たしてどういうものなのでしょうか、本記事ではその詳細をみていきます。 目次1 新型テスラトラックは1 …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク