クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

三菱 情報 海外 自動車

【三菱】ランエボ復活!?新デザインのスポーツセダン現る

投稿日:

Pocket

三菱自動車を代表するスポーツセダンで、惜しまれつつ生産終了となったランサーエボリューションの「新型」が製作されました。

一体どういうことなのでしょうか。

現実。

(和訳)

三菱自動車は愛すべきランサーエボリューションを2015年のファイナルエディションをもって生産終了としました。そしていつかエボが帰ってくると言うかすかな希望の光が見える一方で、それは同じものだとは限らないでしょう。なぜなら三菱は公式に他のスポーツカーであるエクリプスのように、SUVに飛び乗るかもしれないと示唆しているからです。

しかしもしエボ11が望むべきセダンとして戻ってきたとしたら?それはDytko Sportが答えようとしている質問です。名前にピンとこないかもしれませんが、ランサーエボリューションのラリーカー向けパーツの製造・販売に特化したポーランドの会社なのです。彼らはProto Carsと協力し、エボ10を完全にカスタマイズされたスポーツセダンへと変えました。

現時点での詳細は不明ですが、Dytko Sportは来週にも完全なお披露目を計画しているといいます。このレーシーなセダンにはエクリプスクロスのヘッドライトが使用され、テールライトからはジャガーの雰囲気を感じさせます。膨らんだフェンダー、フードベントやルーフスクープなど、クリエイターによって洗礼を受けたランサーエディションRは、まさにその一部と言えます。

Dytko Sportが三菱のダイナミックシールドデザイン言語の影響を受けてカスタムエボを構想していることを考慮すると、この車の設計に費やされる作業量は印象的です。内部の写真は公表されていませんが、窓を通して見ることができるいくつかの写真によると、後部座席の代わりに2つのバケットシートとロールケージを見ることができます。

我々はパワートレイン、サスペンション、ブレーキやその他ハードウェアについて、変更があるのかどうかを知りたいです。思い出すのは、前述したファイナルエディションは1600台生産され、少々アップグレードされたターボエンジンにより303馬力、305ポンドフィート(413N・m)のトルクを発揮しました。2リットル4気筒エンジンは5速マニュアルのギアボックスに接続され、前輪へとその力を送り出していました。

続報が入り次第お伝えします。

出典:https://www.motor1.com/news/299523/mitsubishi-lancer-edition-r/

出典元へ➔

今後の動きに期待

写真からはDytko Sportと三菱との関係20周年を記念して製造されたと分かります。

日産GTRの件もあるように、こちらも限定生産でもいいので是非発売してほしいものですね。それと同時に三菱自動車はやはりこういうスポーツの分野で何かしらの活動を再開することが望ましいと思います。ランエボやパジェロと言うブランドは全てモータースポーツによるものであり、その舞台での活躍こそがブランド力の回復への近道であると個人的には感じています。

今後この試作車がどういう影響を与えるかによって、ひょっとすると何かが大きく動くかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-三菱, 情報, 海外, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【事故動画】高速道路で停止するということ

高速道路上で車を停止させることは非常に危険です。 最近では煽り運転や急ブレーキといったトラブル「ロードレイジ」が相次いでいますが、事故やうっかり高速道路上で車を停止させてしまうとどうなるのでしょうか。 …

【スズキ】ジムニーのセンサー異常「自動ブレーキが勝手にかかる」

満を持して登場した新型ジムニーですが、アメリカでのテスト走行中にセンサーエラーが発生し注目が集まっています。 走行中に突然挙動がおかしくなり危険な状態ですが、今後の対応はどうなのでしょうか。 目次1 …

【衝撃】高速の看板が直撃!

オーストラリアのとある高速道路で看板が落下する事故がありました。あろうことか運悪く下を走っていたSUVに直撃したのです。 その瞬間の映像が話題になっています。 怖すぎる・・・ ▶Shocking mo …

【三菱】i-MiEVが軽自動車➔普通車へ!

三菱自動車は2018年4月19日、電気自動車「i-MiEV(アイミーブ)」に一部改良を実施し、販売を開始しました。 最も大きな変更は、軽自動車という枠を超え、登録車(コンパクトカー)になったことです。 …

【BMW】発火の恐れ 7万台リコール

BMWジャパンは5月10日、25車種7万台について、エンジンのブローバイヒーターに不具合があるとして、国土交通省にリコールを届け出ました。 目次1 BMW7万台リコール=発火の恐れ、事故2件2 国内対 …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク