クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

動画 情報 海外 自動車 部品メーカー

【海外】サンバイザーがついに進化?なんと透明!

投稿日:

Pocket

日々進化を続ける自動車ですが、昔から変わらない部分も数多くあります。

そのうちの一つである「サンバイザー」に進化の可能性が見えてきました。眩しさを軽減させるこのシンプルな機構は一体どのように変わるのでしょうか。

光を部分的にブロック

(和約)

テクノロジーは自動車に変化を与え続けます。スクリーン、センサー、半自動運転システムやパワートレイン、ナビゲーション、安全性などが挙げられます。自動車メーカーとサプライヤーはこれらをより向上させることを夢見ており、ラスベガスのCESでこうした革新技術を見ることができます。今年、ボッシュは従来の繊維で覆われたプラスチックの塊ではない、不思議なサンバイザーを開発しました。それは視界を妨げることなく、選択的に日光や眩しさをブロックする透明な液晶ディスプレイでできています。「バーチャルバイザー」とボッシュは呼びます。

米国運輸省道路交通安全局は毎年日光の眩しさによる大量の交通事故を挙げています。ボッシュによるとそれに加えて太陽光は一時的な失明により、他のどの天候と比較して2倍以上の事故率だといいます。ボッシュの解決策は100年近く変化のない従来のサンバイザーを見直しました。

バーチャルバイザーはただのLCDではありません。ドライバーや乗員のモニタリングシステムとAIを組み合わせることでドライバーの顔の位置を分析し、影を識別し、ドライバーの目を照らすディスプレイの部分を暗くして、残りの部分は透明のまま保つことができます。

開発の初期段階でボッシュチームは、ドライバーが影を求めてバイザーを調節することを発見しました。「この実現は奥深いものでした」と北米ボッシュのテクニカルエキスパートでバーチャルバイザーの共創者であるJason Zink氏は言います。

ボッシュは、ラスベガスのCES 2020でバーチャルバイザーを展示します。このショーで、車内エンターテイメント&安全カテゴリのCES 2020イノベーションアワードでベストイノベーションとして表彰されます。サンバイザーには再発明が必要だとは思わないかもしれませんが、技術が進歩するにつれて、私たちが問題とは考えなかったものへの新しい解決策が現れるのです。

世界最大の技術見本市「CES 2020」は米国ネバダ州ラスベガスにおいて開催。プレス関連のカンファレンスなどは1月5日(現地時間)から始まり、1月7日~10日が登録者公開日となっている。

出典:https://www.motor1.com


▶Bosch Virtual Visor first look at CES 2020 – Engadget

・・・所管・・・・・・・・・・・・・・・

安全性を向上させる上で、ドライバーのしぐさをできるだけ小さくすることが求められていますステアリング上のスイッチや音声認証もそのうちですが、確かにサンバイザーは今でも手動ですし、日の当たり具合によってこまめに調整しますよね。非常にいい目の付けどころで面白い発明だと思います。

でもこの黒い部分が目の前でチカチカして目ざわりかもしれませんね(^_^;)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-動画, 情報, 海外, 自動車, 部品メーカー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【海外】リトラクタブルライト復活!Ares Pantherはレトロスーパーカー

イタリアを拠点とするAres Designによって製作された、ランボルギーニ ウラカンをベースにしたレトロスーパーカー「パンサー」の公式画像が公開されました。 かつての名車デトマソ パンテーラを現代風 …

【比較】ホンダ「N-BOX」と「バモス」 どう違う? 新型バモスはあるのか?

ホンダN-BOXはもっとも売れている軽自動車で、最近モデルチェンジが行われさらに販売が伸びてゆくことが予想されます。 今や軽自動車でスライドドアは当たり前の時代。背の高い箱型の軽自動車が主流となってい …

【ECO】エコドライブ10のすすめ 気にして運転してる?

ハイブリッドカーや電気自動車が普及し、エコカーであることが当たり前の時代ですが、運転の仕方次第でその効果は大きく変わってきます。 環境省のエコドライブ普及連絡会が制定した「エコドライブ10のすすめ」を …

no image

生きる共産主義!ロシアの車たち

共産主義の遺産 ロシアの車たち ロシア発のドライブレコーダー映像を見るとロシア国内の自動車状況も垣間見ることができます。日本の中古車は人気があり、数多く見かけることができます。 しかしなんといっても事 …

【ランドローバー】新型ディフェンダーは中国仕様あり?

2015年12月20日を持って惜しまれつつも生産終了となり67年の歴史に幕を下したランドローバー ディフェンダーですが、新型の開発が着々と進んでいます。 ケニアで本格的なミッションにチャレンジしている …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク