クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

スズキ スバル ダイハツ トヨタ ホンダ マツダ 三菱 情報 日産 自動車

【国内】各社最安コンパクトカー対決!

投稿日:

Pocket

コンパクトカーと言えば、SUVやミニバンと並んで人気のカテゴリーですが、一体どういう種類があってどれがいいのかよく分かりません。

実際に買うとなると比較して悩みますが、日本で一番安いコンパクトカーはどのモデルなのか?その中で一番いいのはどのメーカーのものなのか?

気になったので調べてみました。

対象

日本国内の乗用車メーカーは全部でトヨタ自動車、ダイハツ工業、日産自動車、本田技研工業、マツダ、スバル、三菱自動車工業、スズキ、光岡自動車の9社が主にあげられます。

今回はこのなかで光岡を除いた8社の、「コンパクトカー」と呼ばれるジャンルにおいて、最も安い車種を比べてみたいと思います。ちなみにここで言うもっとも安いとは、各社ラインナップのコンパクトカーのうち、販売価格が最も低いものを対象とします。(自然と最もグレードが低いものになります)

※メーカーサイトのカテゴリーを主に参照

各社コンパクトカーラインナップ(各メーカーサイト参照)

2021.8.12時点

トヨタ

パッソ ¥1,265,000~
ヤリス ¥1,395,000~
ルーミー ¥1,556,500~
アクア ¥1,980,000~
カローラスポーツ ¥2,169,000~
GRヤリス ¥2,650,000~

ダイハツ

ブーン ¥1,265,000~
トール ¥1,556,500~

日産

マーチ ¥1,289,200~
ノート ¥1,447,600~
ノート e-power ¥2,029,500~
オーラ e-power ¥2,610,300~

ホンダ

フィット ¥1,557,600~
シャトル ¥1,808,400~
e ¥4,510,000~

マツダ

2 ¥1,459,150~

スバル

ジャスティ ¥1,964,600~

三菱

ミラージュ ¥1,432,200~
デリカD:2 ¥1,883,200~
デリカD:2 カスタム ¥2,141,700~

スズキ

スイフト ¥1,377,200~
イグニス ¥1,423,400~
ソリオ ¥1,515,890~
ソリオ バンディット ¥2,006,400~

結果 (2021.8.12時点)

1 トヨタ パッソ [X] ¥1,265,000~
1 ダイハツ ブーン [X”SAⅢ”] ¥1,265,000~
3 日産 マーチ [S] ¥1,289,200~
4 スズキ スイフト [XG] ¥1,377,200~
5 三菱 ミラージュ [M] ¥1,432,200~
6 マツダ 2 [15C] ¥1,459,150~
7 ホンダ フィット [BASIC] ¥1,557,600~
8 スバル ジャスティ [2WD] ¥1,964,600~

結果としては上記のようになりました。

1位のトヨタパッソはダイハツブーンのOEMとなるため同じ価格となっていますが、どちらも126万円からという激安価格です。軽自動車でも200万円を超えるモデルが多い中、登録車でも200万円までに多くの選択肢があると分かります。

ホンダ・フィットはトヨタ・ヤリス、日産・ノートと比べて販売が不調といいますが、価格帯としてはよりお手頃だといえます。スバルはインプレッサやXVが割とコンパクトですが、もうちょっとコンパクトカーを充実させてもいいのかもしれません。

詳細比較

では各社を代表する最安コンパクトカーにおける最優秀車はどのモデルなのでしょうか。以下の判定項目で比較してみたいと思います。

1位:10ポイント、2位:8ポイント、3位:6ポイント、4位:5ポイント、5位:4ポイント、6位:3ポイント、7位:2ポイント、8位:1ポイント

・価格:安いほどよい
・カラー数:多いほどよい
・WLTC燃費:よいほどよい
・安全装備:サポカーグレードが高いほどよい
・トランスミッション:選択肢が多いほどよい
・最小回転半径:小さいほどよい
・最高出力:大きいほどよい
・最大トルク:大きいほどよい
・全長:小さいほどよい
・全幅:小さいほどよい

価格

順位 車名 価格 ポイント
1 パッソ ¥1,265,000 10
1 ブーン ¥1,265,000 10
3 マーチ ¥1,289,200 6
4 スイフト ¥1,377,200 5
5 ミラージュ ¥1,432,200 4
6 ¥1,459,150 3
7 フィット ¥1,557,600 2
8 ジャスティ ¥1,964,600 1

カラー数

順位 車名 ラインナップ数 ポイント
1 ジャスティ 13色 10
2 マーチ 11色 8
3 パッソ 9色 6
3 ブーン 9色 6
3 2 9色 6
3 フィット 9色 6
7 ミラージュ 8色 2
8 スイフト 7色 1

WLTCモード燃費

順位 車名 数値 ポイント
1 パッソ 21.0km 10
1 ブーン 21.0km 10
3 フィット 20.4km 6
4 ミラージュ 20.0km 5
4 スイフト 20.0km 5
6 2 19.0km 3
7 ジャスティ 18.4km 2
8 マーチ 17.6km 1

安全装備

順位 車名 対象 ポイント
1 パッソ サポカーSワイド 10
1 ブーン サポカーSワイド 10
1 フィット サポカーSワイド 10
1 2 サポカーSワイド 10
1 ジャスティ サポカーSワイド 10
1 ミラージュ サポカーSワイド 10
1 マーチ サポカーSワイド 10
8 スイフト なし 1

トランスミッション

順位 車名 対象 ポイント
1 スイフト CVT,MT 10
2 パッソ CVT 8
2 ブーン CVT 8
2 フィット CVT 8
2 2 AT 8
2 ジャスティ CVT 8
2 ミラージュ CVT 8
2 マーチ CVT 8

最小回転半径

順位 車名 数値 ポイント
1 マーチ 4.5m 10
2 パッソ 4.6m 8
2 ブーン 4.6m 8
2 ジャスティ 4.6m 8
2 ミラージュ 4.6m 8
6 2 4.7m 3
7 スイフト 4.8m 2
8 フィット 4.9m 1

最高出力

順位 車名 数値 ポイント
1 2 81kw/6000rpm
(1.5L直列4気筒)
10
2 フィット 72kw/6000rpm
(1.3L直列4気筒)
8
3 スイフト 67kw/6000rpm
(1.2L直列4気筒)
6
4 マーチ 58kw/6000rpm
(1.2L直列3気筒)
5
5 ミラージュ 57kw/6000rpm
(1.2L直列3気筒)
4
6 パッソ 51kw/6000rpm
(1.0L直列3気筒)
3
6 ブーン 51kw/6000rpm
(1.0L直列3気筒)
3
6 ジャスティ 51kw/6000rpm
(1.0L直列3気筒)
3

最大トルク

順位 車名 数値 ポイント
1 2 141N・m/4400rpm 10
2 スイフト 118N・m/4400rpm 8
2 フィット 118N・m/5000rpm 8
4 マーチ 106N・m/4400rpm 5
5 ミラージュ 100N・m/4000rpm 4
6 ジャスティ 92N・m/4400rpm 3
6 パッソ 92N・m/4400rpm 3
6 ブーン 92N・m/4400rpm 3

全長

順位 車名 数値 ポイント
1 パッソ 3650mm 10
1 ブーン 3650mm 10
3 ジャスティ 3705mm 6
4 マーチ 3825mm 5
5 スイフト 3845mm 4
6 ミラージュ 3855mm 3
7 フィット 3995mm 2
8 2 4065mm 1

全幅

順位 車名 数値 ポイント
1 パッソ 1665mm 10
1 ブーン 1665mm 10
1 マーチ 1665mm 10
1 ミラージュ 1665mm 10
5 ジャスティ 1670mm 4
6 フィット 1695mm 3
7 2 1695mm 2
7 スイフト 1695mm 2

結果

順位 車名 合計ポイント
1 パッソ 78
1 ブーン 78
3 マーチ 68
4 ミラージュ 58
5 2 56
6 ジャスティ 55
7 フィット 54
8 スイフト 44

以上のような結果になりました。

総合的に見て、最も安いコンパクトカーはトヨタ・パッソまたはダイハツ・ブーンがお買い得だといえます。

存在感の薄い日産・マーチは燃費こそ悪いもののカラーバリエーションとサイズ感で上位に位置しています。三菱・ミラージュは必要最低限を抑えた平均点といった感じ。スズキ・スイフトは最も安いグレードでスズキセーフティサポートが未装着となるため軒並み標準装備の中で大きく順位を落としましたが、唯一MTが選択できる点は好評価です。

価格の割に1.5L直列4気筒のしっかりとしたエンジンを積んでいるのがマツダ・2です。一方でトヨタ・パッソ、ダイハツ・ブーン、スバル・ジャスティは最も排気量の小さい非力なエンジンを共有しています。

最も安いからといっても、想像以上にちゃんとしていると分かりますね。時代遅れにならないよう各社努力している点が伺えます。車の購入を検討する際は是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-スズキ, スバル, ダイハツ, トヨタ, ホンダ, マツダ, 三菱, 情報, 日産, 自動車

執筆者:


  1. アバター えーよん より:

    この表を見ていると、数年前に自分がコンパクトカーを購入検討していた頃のことを思い出しました。

    当時はディーラーを巡って比較検討のためにスイフトやフィット、ブーンなどのパンフレットをもらいました。個人的に重視していたのは取り回しの良さだったのですが、結果的に購入したのは最も全長の大きいDJ型デミオでした(笑)

    マツダ2に改称する直前に購入したので、現行と同じ1.5Lガソリンエンジン仕様ですが、体感的には数値以上の馬力に感じますね。車内はそれほど広くなくサスペンションも硬めなので快適性は低いかもしれませんが、スポーティな走りは楽しめるので気に入っています。

    ところで、記事の中で一つだけ指摘させていただくとマツダ2は6速MTの設定がありますね。マツダはCX-8以外の全車種にMTを用意しています。

    • アバター えーよん より:

      度々すみません。比較の対象が最も安いグレードとのことなので、マツダ2の15Cであれば記事の通りATのみですね。お詫びして訂正いたします。

      • クースキー クースキー より:

        貴重なお話を有難うございます。
        私もマツダはMTを用意している気がしていたのですが、グレードによっては選べないのだと初めて知ったところです。
        情報の単なる羅列になってましたので、もうちょっと分かりやすく工夫するように致します!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【海外】新型ホンダ・CR-Vが確認される!

ホンダ・ヴェゼルの新型が2021年2月に公開されましたが、2代目とは思えないあまりの変わり様に多くの方が驚いたのではないでしょうか。 そんなヴェゼルに続き、CR-Vも開発が進んでいるようです。 新型C …

【トヨタ】自工会スペシャル対談withマツコ・デラックス

「モリゾウ」ことトヨタ自動車社長の豊田章男氏が、史上初2度目の自工会会長に就任し、自工会の新体制がスタートしました。 自工会広報誌「JAMAGAZINE」にて、アンバサダーに任命されたマツコ・デラック …

【海外】オーストラリア EVの制限速度を引き上げる

各国が環境対応車の販売を促す中、オーストラリア政府は、EVの制限速度を引き上げると発表しました。電気自動車の販売が伸び悩む中、打開策となるでしょうか。 時速20マイルの余裕 (和訳) オーストラリア政 …

【2018】2月度新車販売台数分析 今月から上位50車に拡大!

2018年2月度の新車販売台数が自販連より発表されました。本記事ではそのデータをもとに詳しく分析したいと思います。新車ご購入の参考になれば幸いです。 また、今月から乗用車ブランド通称名別順位がこれまで …

【ランドローバー】新型ディフェンダー カッコカワイイ予想CG

2015年12月20日を持って惜しまれつつも生産終了となり67年の歴史に幕を下したランドローバー ディフェンダーですが、新型の開発が着々と進んでいます。 カモフラージュされたテスト車両も公開されていま …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
スポンサーリンク