クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

マツダ 情報 自動車

【マツダ】ボンゴ生産終了は秒読み。後継車はまさかの・・・

投稿日:

Pocket

ビジネスユーザーならまだしも、商用車にまで気を使っている人はそう多くありませんが、マツダの商用車「ボンゴバン/ボンゴトラック」がそろそろモデルチェンジされます。しかし、単なる新型車というわけではなさそうです。

ファミリアはプロボックスへ

そのヒントとして、マツダはとある1台の商用車のモデルチェンジを実施しました。

2018年6月21日、マツダはフルモデルチェンジした新型ファミリアバンを発売しました。これまで日産ADバンからのOEM車だったファミリアバンですが、今回からはトヨタプロボックスのOEMとなりました。

出展:www.mazda.co.jp

商用車の生産から撤退

なぜこれまでの日産ADバンではなく、トヨタプロボックスに「乗換え」たのでしょうか?

マツダが2010年代後半には商用車の生産から撤退すると明らかになったのは2012年にさかのぼります。その際、打ち切りになるとされたのがボンゴバンとボンゴトラックです。ファミリアバンを含むその他の商用モデルはこの時既にOEM状態でした。販売が低迷していることに加え、2010年代半ばから強化される衝突基準に適合させるための新型車の開発費を削減するという理由でしたが、その後大きな進展はありませんでした。

5年後の2017年8月4日、豊田章男(トヨタ自動車社長)と小飼雅道(マツダ社長)は、そろって都内で記者会見し、連携強化のため2015年に結んだ従来の業務提携から資本提携にステップアップすることに合意したと発表しました。EV(電気自動車)やコネクテッド技術の共同技術開発といった、これからの時代を共に協力するための提携ですが、この資本提携を受けマツダは商用車の生産から撤退し、順次トヨタ製の商用車へと移行していくことになりました。

トヨタとマツダ、業務提携で合意。EVやコネクティッド技術を共同開発

出展:Car Watch

これを機に、商用車製造から完全に手を引く道筋が立ったと言えます。

実質マツダ製の商用車は現在、「ボンゴバン/ボンゴトラック」のみとなっています。マツダのホームページによると2018年現在(8月5日)、商用車のラインナップにはボンゴが掲載されています。今後ボンゴはどうなるのでしょうか?

マツダ ボンゴバン/トラックとは

現行型である4代目 SK82/SKF2/SKP2/SLP2型は1999年の登場。

当時経営状態の悪かったマツダは、1983年発売の3代目ボンゴのSS及びSEプラットフォームをベースに開発したSKプラットフォームを採用し、車体の前半分のみを衝突安全対応型に新設計することでこの4代目ボンゴを完成させています。3代目の設計の多くを踏襲し、部分的な設計変更のみとなっていることから、その基本設計は1983年のもの。他に類を見ない奇妙な状態の車であるといえます。

ボンゴバン

ボンゴトラック

出展:www.mazda.co.jp

当然インパネやダッシュボード等も作り変えられましたが、バンのドアハンドルなど、3代目の面影を随所に見ることができます。

このボンゴシリーズは、これまで日産や三菱に提供されてきましたが、2011年に三菱、2015年12月末に日産へのOEM供給がそれぞれ終了しています。

ボンゴはどうなる?

先述したように、トヨタとの資本提携によりファミリアバンがプロボックスのOEMとなりました。その他の車種においても、トヨタ製の商用車へと移行されていくことになります。

その結果、ボンゴバンはライトエースになり、ボンゴトラックはライトエーストラックのOEMにシフトします。これによりマツダの商用車はトヨタ、いすゞ、スズキからのOEMとなり、自社生産のモデルが消滅となります。

ライトエース バン

ライトエース トラック

出展:www.toyota.co.jp

マツダの商用車撤退が公表されたのは2012年ですから、えらく時間がかかったなというのが率直な感想です。詳細な日程は明らかではありませんが、秒読みと言って間違いないでしょう。

個人的にはマツダデザインを取り入れた商用車も見てみたいのですが、混迷極める自動車業界において、商用車の集中と選択は自然な流れなのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-マツダ, 情報, 自動車

執筆者:


  1. アバター リニモ1号 より:

    タウンエース/ライトエースはダイハツからのOEMなので、もしマツダに供給となると二重?OEMになりますね…。

    • クースキー クースキー より:

      ダイハツはトヨタの完全子会社なので、ある程度トヨタの思い通りになるんでしょうかね・・・(^_^;)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【TOP10】個人的に嫌いな車のデザインポイント10選

車のデザインを見たとき、「ココがいい!」というデザインのポイントがあるかと思いますが、逆に「ココがいや!」というポイントもあるのではないでしょうか。 車のイメージに合っていなかったり、使い勝手に問題が …

【国内】マイナー軽自動車対決「ラパン vs キャスト」

軽自動車の人気はとどまるところを知りません。 日本自動車工業会が2020年5月5日までにまとめた2019年度の乗用車市場に関する動向調査によると、乗用車の保有全体に占める軽乗用車の比率はなんと38%と …

【TOP10】リアデザインが”スゴイ”車

どんなに性能が良くても、デザインが悪ければ選択肢にはなりません。フロントフェイスはもちろんのこと、お尻のデザインとの協調性も重要なポイントです。 今回は個人的に選ぶ、お尻が凄い車10選をお届けします。 …

【2018】10月度軽自動車販売台数分析

2018年10月度の軽自動車販売台数が全軽自連より発表されました。本記事ではそのデータをもとに詳しく分析したいと思います。新車ご購入の参考になれば幸いです。 今月のポイント:ジムニー ※通称名について …

【2018】RJCカーオブザイヤー ベスト6

11月1日、東京都渋谷区のアイビーホール青学会館において今年のRJCカーオブザイヤーのスタートとなるベスト6選びの開票が行われ、国産車部門で選出されたベスト6は以下のようになりました。 ついでに、もし …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク