クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

情報 海外 自動車

世界のリーダーにふさわしい車5選

投稿日:

Pocket

世界のリーダーになるためにはとてつもなく巨大な力が必要ですが、あなたにもチャンスはあるはずです。

そのため、全ての可能性から身を守るための車が必要となります。そんな世界のリーダーが乗るにふさわしい武装された車を5台ご紹介します。

世界のリーダーにふさわしい車

5) ベネディクト16世:

パパモビル – $535,000

パパモビルは2000年代中ごろのメルセデスベンツMクラスをベースに、ファンキーなガラスの箱を取りつけたような見た目をしています。この防弾仕様を前法王ベネディクト16世が使用していました。パンクしても走行可能なランフラットタイヤを装着し、爆弾にも耐えられる車体、防弾ガラス、酸素供給機などの安全機構が搭載されています。現在の法王はよりモダンなオープンタイプのメルセデスGクラスを使用しています。

4) プーチン:

アウラス セナト リムジン – $588,000

ポルシェとNAMI研究所の共同開発によって誕生しました。安全機構がこのリムジンには盛り込まれており、重厚な武装に加え暗視カメラも搭載されています。搭載される4.4リッターV8エンジンは598馬力を発揮します。自動で締め付けてくれるシートベルトもあります。ファンシーですね。

3) キムジョンウン:

メルセデスベンツ S600 – $1.6 MILLION

このSクラスはボディアーマーや監視カメラを備えていますが、何がキムジョンウン氏の車を特別にしているかというと、それはその車を絶えず取り囲むスーツ姿のガードマン達でしょう。

2) ドナルドトランプ:

キャデラック ワン, AKA ‘ザ・ビースト’ – $1.6 MILLION

でかくて、武装された容器。アメリカの大統領にそれ以上何が必要でしょう?一見ただのキャデラックのようにも見えますが、シャシーにはシボレーHDトラックのものが使用されています。キャデラックワンには、大統領に合わせた血液の供給装置、スモークガラス装置、芳香族ポリアミド系樹脂のタイヤ、豊富な防御装備、パニックボタン、催涙スプレーや暗視カメラなどを搭載しています。加えて運転手は、ハリウッド映画のようなカーチェイスから大統領の身を匿うための厳格な逃避ドライビング術の課程に登録する必要があります。

1) エリザベス女王2世:

ベントレー ステートリムジン – $14.7 MILLION

このカスタムされたベントレーがなぜこれほどまでに高額なのか理解できませんが、この車はベントレーが2002年に女王の即位50年祝典に合わせて設計したもので、女王はすっかり気に入って2台目も注文をしたほどです。このリムジンは天井が高く、乗り降りを楽にするためドアも完全に90度開くことができます。そしてもちろん、重厚に武装されており、機密性の高い芳香族ポリアミド系樹脂のタイヤを備えています。

このような車は世界のリーダーになりたいという気持ちにさせてくれますね。どれもパワーがあり高級ですが、一般市民として高級な暮らしがしたいならメルセデスベンツSクラスがそれにあたるでしょう。

出展:www.tflcar.com

出展元へ➔

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-情報, 海外, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【新車】リトラクタブルライトが復活!? 謎のスーパーカー現る

ランボルギーニ ウラカンをベースに製作された「プロジェクト パンサー コンセプト」のテスト画像が公開されました。 かつての名車デトマソ パンテーラを現代風にしたような見た目に加え、何といってもリトラク …

【新型】N-BOX:大きく変わったのはココだ!ポイントまとめ

ホンダ N-BOXが2017年8月31日にフルモデルチェンジを行います。軽自動車販売台数No.1のN-BOXがどのような変化を遂げるのか。その注目ポイントに絞ってお届けいたします。 目次1 デザイン1 …

ガソリン車がなくなる?!世界中で車は電化の流れ

目次1 フランスは2040年までに2 ボルボの目標3 フランスの動向について4 ドイツの動向5 トヨタも6 電気自動車の問題点7 個人的まとめ フランスは2040年までに 化石燃料で走る自動車を根絶し …

【新型】カムリCM 登場車種分析

新型カムリの2017年7月放送開始のCM、「BEAUTIFUL MONSTER 登場」篇ではQueenの「Flash」にのせて、トヨタを代表する名車の映像が流れています。 ▶【カムリ】TVCM BEA …

なぜクラシックタイプの車は減ったのか?

クラシックタイプとは ひと昔前の車には、よくクラシックタイプのグレードが存在していました。光岡自動車やパイクカーを除いて、既存の車種を改造しクラシックにみせるものですが、現在販売されている車にはそうい …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク