クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

動画 情報 自動車事故

【東名高速バス事故】車線はみ出しに気付いていれば

投稿日:

Pocket

事故現場について

前回の記事でも描きましたが、事故は東名高速道路新城PA(上り)入口付近で発生しました。医師の車は何らかの理由で、現場手前の路肩側ガードレールに接触し、この衝撃で制御不能のまま中央分離帯側に突っ込んだとみられています。

⇩新城PA(上り):愛知県新庄市富岡東川東川60-467

上のグーグルマップを拡大して頂いても分かりますが、路肩のガードレールに接触する前に、必ず白線の上を通過する必要があります。

現場は医師側からみて緩やかな右カーブとなっています。それに気がつかずに車の左側をガードレールにぶつけたわけですが、進入角は浅かったと考えられます。

▶日本ニュース】東名高速の事故 どのように起きたのか CGで再現(2017/06/11):日本ニュース

CG再現された事故状況でもよくわかると思います。つまり、もしこの車両に「車線はみ出し警告機能」のような装置が搭載されていたならば、また違った結果になっていたかもしれないのです。

車線逸脱警報装置とは

NASVA 独立行政法人自動車事故対策機構によると、

車線はみ出し警報とは、車のカメラが車線の位置を認識して、自動車が車線からはみ出しそうになった場合やはみ出した場合に、音や警告灯などでドライバーに知らせる装置のことです。ただし、ドライバーがウインカーを操作して意図的な車線変更を行う場合は警報を発しません。また、条件によっては作動しない場合があります。

とあります。現在販売されている車にも多くオプションとして取り入れられています。今回医師が乗っていた代車はマツダデミオ13Cグレードと分かっていますが、こちらには車線逸脱警報装置は付いていなかったようです。(最低グレードなのでしかたがないと思います)

下の動画はNASVAにより行われた、同じデミオでも上のグレード「XD Touring L Package」に装備された車線逸脱警報が作動する試験映像です。

▶デミオ:車線はみ出し警報試験 :nasvaassess

こういった安全装備については車本来の楽しさを失うということで個人的には好みません。ですがこういった事故を見ると、やはり安全装備が充実している方が事故は防げるのでしょうね。

最後に

バックモニターや自動ブレーキもそうですが、車線はみ出し警報についても、何か異常が起きると機械が気づいてくれることで、逆に人間の知能が低下するのではないかと私は思います。そういった安全装置が行きつく究極のところが完全自動運転でしょう。目的地を入力するとあとは寝ようがおしゃべりしようが勝手に目的地まで行くことができるのです。まさに未来の世界ですね。

ですが、完全自動運転が一般的になるということはそれすなわち、「自動車は自分で運転するものではない時代になった」ということです。もう誰もアクセルの踏み方も、ワイパーのつけ方も、ギアの変え方も分からない時代が来るのです。

「昔は自動車って自分で運転する必要があったんだよ。」「えー!怖い!」

という時代です。急に世界が「やっぱり車はMTだ!」と言い出すようにも思えませんし、その流れには抗えないようです。いくら知能の低下だ何だと言っても、仕方がないのかもしれません。交通事故がない世界を実現するためにも、完全自動運転の技術は発展していってほしいですね。そうすればこういった悲惨な事故も完全になくすことができるでしょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-動画, 情報, 自動車事故

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

2017年最新 各社最安コンパクトカーランキング

人気のコンパクトカー コンパクトカーというとSUVと並んで人気のカテゴリーですが、一体どういう種類があってどれがいいのかよく分かりませんよね。実際に買うとなると比較して悩みますが、一体日本で一番安いコ …

【三菱】e-エボリューションとは?三菱の今後について!

三菱自動車は、10月25日~11月5日に東京ビッグサイトで開催される「第45回東京モーターショー2017」で『e-エボリューション コンセプト(e-EVOLUTION CONCEPT)』を世界初披露す …

【三菱】デリカD5が一部改良!何が変わった?

三菱自動車は、ミニバン「デリカD:5」を一部改良し、4月25日から販売を開始しました。昨春発売した特別仕様車「アクティブギア」も継続して設定し販売します。 一体何が変わったのか、さっそく見比べてみまし …

【トヨタ】WiLLブランドを覚えているか

かつて、日本の異業種企業をあつめて一つのブランドを作ろうとしたプロジェクトが存在しました。その名も「WiLL(ウィル)」です。 おそらくウィルと聞いて最も思い出すのは、トヨタが過去に販売していた車では …

【2018】4月度新車販売台数分析 ソリオ「・・・」

2018年4月度の新車販売台数が自販連より発表されました。本記事ではそのデータをもとに詳しく分析したいと思います。新車ご購入の参考になれば幸いです。 また、今月からランキングの掲載は取りやめ、注目のカ …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク