クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

情報 自動車

【ワゴンR】まさかのMTを新設定!スズキは車好きを分かっている。

投稿日:

Pocket

ここのところスズキに関する記事が多いですが、車好きとして気になるニュースがあるので一つご紹介。新型ジムニーも気になるところですが、今回はワゴンRについてです。

スズキは、軽乗用車の新型「ワゴンRFAグレードに5MT車を設定して、8月23日より発売を開始しました。

このたび発売するワゴンRの5MT車は、MT車を必要とされるお客様に向けて追加したもので、お求めやすい価格設定としたほか、全10色の豊富な車体色を設定し、幅広い年代の多様なお客様のニーズにきめ細かく応えていく
また、2WD車、4WD車ともに自動車取得税20%減税対象車、自動車重量税25%減税対象車とした。

スズキのニュース一覧より出展:suzuki.co.jp

「MTを必要とされるお客様に向けて追加」したのです。なんと素晴らしニュースでしょう。MTが淘汰されていく時代ですが、しっかりとユーザーの事を考えているのがうれしいですね。

「ワゴンR FA 5MT車」の主な専用装備

CVTのワゴンRはインパネにシフトが設置されていますが、MTはフロアシフトのため、いくつかの変更点があります。

インパネ

フロアシフトとパーキングブレーキ

出展:autoblog.com

  • フロアシフトと手動式パーキングブレーキ
    フロアMTと、手動式のパーキングブレーキがセンターコンソールに設置されます。
  • セパレートタイプのフロントシート
    シートはベンチシートからセパレートタイプに変更されています。
  • 収納に便利なインパネセンターポケット
    もともとCVTのシフトがあった場所はポケットに変更されています。

スズキはハスラー、アルトワークス、ジムニーやスイフトなど、積極的にMTを設定していますが、重要なのは決して「スポーツタイプだからMTにした」というわけではないということです。

このワゴンRについても、エンジンや足回りに何か改良がくわえられたわけではありません。あくまで普段使いのMTとしてのニーズを捉えているのです。

MTが採用できるのは機構的にシンプルな低グレードが対象となることが多いですが、それでもMTを用意してくれれば後は何もいらないというユーザーも多いことでしょう。新型ジムニーといい、スズキは車好きをよくわかっていると感じます。

考えてみるとこのトールタイプの軽自動車は他にも三菱のekワゴンやホンダのN-WGNなどありますが、そのなかでワゴンRは唯一のMT設定車となりました。ひょとすると今後MTを設定することで差別化をする車が出てくることも予想されます。

あったらいいなMTバージョン

スズキのように積極的にMTを採用するメーカーはそう多くありません。というよりありません。しかし「MTがあったらいいのになぁ」と思う車種はいくつかあります。

①三菱ミラージュ

現行ミラージュはマイナーチェンジが加えられ質感がアップしています。しかしその存在感は皆無に等しく、街で見かけることはまずありません。しかしMTを設定することで車好きを引きこめるだけの素質があるのは事実です。ひと昔前のミラージュを思い出してほしいですね。

出展:response.jp

②トヨタプロボックス

現行プロボックスはマイナーチェンジされた2014年の発売で、5MTの設定は廃止されてしまいました。長距離を走り回る営業車ですから、MTの設定は確かに必要ないのかもしれません。しかし車としてプロボックスはちょうどいいサイズですので、再度MTを設定しビジネスカーではなくパーソナルカーとしてテコ入れすればきっといい車になるはずです。現に自家用車として使用している方もいます。見かけたことあるのではないでしょうか?

出展:wikipedia.org

③ホンダグレイス

トヨタのカローラに対抗すべく打ち出したホンダの小型セダンですが、MTの設定は教習車向けのみとなっています。カローラはMTの設定がありますから、その時点で負けているわけです。スタイリングはカローラよりもスタイリッシュですから、MTを設定することで、若者からの人気が得られるかもしれません。

出展:response.jp

まとめ

MTは時代とともに必要とされなくなってきています。今ではスポーツモデルに多少採用されるだけで、こういった普通車にMTの設定を残している車種も限られています。これからどんどんと車は電化の方向へ進んでいくものと思われます。

そうなるとMTは機構的に設定が不可能になってくるはずです。モーターやコンピューターで処理する方が効率的で燃費にも大きく貢献できるのは確かですが、「自ら操る喜び」は失われてしまいます。

メーカーはこの「自ら操る喜び」を「スポーツ」なのだと勘違いしがちです。そしてそのスポーツモデルも、パドルシフトにすることで「自ら操る喜び」を満たしていると思い込んでいます。

そんな中、何の変哲もない車種にMTを設定するスズキのやり方は、非常に好感が持てます。それもユーザーのニーズに少しでも応えていくという方針の表れなのだと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-情報, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【法律】トヨタ社長「車の税金高すぎ」

日本自動車工業会 会長であり、トヨタ自動車社長の豊田章男氏は、日本の自動車にかかる税金について「高すぎるので国際基準にする必要がある」との認識を示しました。 国内トップの自動車メーカー社長のこの言葉は …

【新型】トヨタセンチュリーが公開!これが日本の高級車だ。

トヨタ自動車は同社が誇る最高級セダン「センチュリー」を21年ぶりにフルモデルチェンジし、3代目となる新型センチュリーを初公開しました。 本記事では、先代のセンチュリーとコンセプトの内容を踏まえ、どのよ …

【ランク】「最高」な高級車トップ10

高級車と一言にいってもその数は多く、近年は「プレミアム」という言葉まで出てきています。ですが本物の高級車はそれぞれに誇るべき伝統と功績を持ち合わせています。つまり「間違いなく高級車である高級車」たちで …

【危険運転】免亭者9倍ペース。警察庁は取り締まりを強化

「あおり運転」などで交通に危険を生じさせる恐れがあるとして、各都道府県の公安委員会が1~3月に免許停止の行政処分としたのは13件に上ったことが26日、警察庁のまとめで明らかとなりました。 今年は特に多 …

【新型】ジムニー:画像がリーク!原点回帰はスズキの作戦か?

スズキジムニーのフルモデルチェンジが迫っています。現行ジムニーは1998年の発売で、およそ20年ぶりの新型となります。その新型ジムニーですが、多くの画像からその中身が明らかになってきました。 さっそく …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク