クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

情報 自動車

そこが光るんかい!変な位置のブレーキライトは何故?

投稿日:

Pocket

唐突ですが、ブレーキライトの位置が変な車を見たことはありませんか?

ブレーキを踏むと光るはずのところが光らないのには、実はもっともな理由があるのです。本記事でその謎が少しでも解消できればと思います。

EUの法律によるもの

ミニ:クラブマン

現行で言えばミニ:クラブマンが代表的な例です。リアゲート上の大きなライトはブレーキライトではなく、バンパー上の小さなライトがブレーキライトです。

 2016年 ミニクラブマン     出展:raddit.com

大きい方が分かりやすくていいじゃない!

と誰もが思うことですが、これはヨーロッパの保安基準によるもので、「ブレーキライトはボディの可動部には設置できない」と定められていることが原因です。

つまりトランクのような可動部にブレーキライトが付いていると、トランクを開いたときに後ろから確認できないため、設置することができないのです。

リアゲートを開くと大きなライトは見えなくなる 出展:car.com

実はこのクラブマンの先代モデルが、この法律をうまくかいくぐっていました。

2014年 ミニクラブマン     出展:starmoz.com

一見すると2016年モデル同様、リアゲート上にブレーキランプがあるように見えます。もしそうであれば、これを観音開きすればライトが隠れてしまいます。

リアゲートを開いても大丈夫    出展:autotrade.ca

しかし御覧のようにブレーキライトはボディに固定されており、リアゲートを開けても後ろからライトが見えるようになっています。デザインというより法律をクリアするためのアイデアだったのです。斬新ですね。

フェラーリ:カリフォルニア

この法律は世界のスーパーカーメーカー、フェラーリにももちろん適応されています。

フェラーリ:カリフォルニアはフェラーリ初のクーペ・カブリオレ2+2モデルとして2009年から発売されており、2014年には後継であるカリフォルニアTが発売されています。いかにもフェラーリを感じさせるリアの丸いライトですが、これはバックライト・ウインカーであり、実際のブレーキライトはまさかのバンパー上の細いライトです。

フェラーリカリフォルニアT  出展:gtspirit.com

この車はカブリオレなので、屋根を開閉する際にトランクがライトごと稼働してしまいます。そのためこのような措置となっているのです。なんだか残念ですね。

ルーフ開閉時       出展:autocar.co.uk

もちろんカブリオレだからといって全てがこういうものではなく、デザイン上こうするしかなかったのです。しかし言い方を変えれば、ライトの位置が変わってしまっても、デザインを優先するというフェラーリの信念とも言うことができます。

 

国内の法規によるもの

三菱:パジェロミニ

現在は絶版となっていますが、かつて販売されていた軽自動車SUVの三菱:パジェロミニにも一時期おかしな位置にブレーキライトが設置されていました。これは上記の理由とは若干異なります。

出展:catalog.carsensorlab.net

上の写真は1998年から2013年にかけて販売された2代目パジェロミニです。

リアのライトがブレーキライトとして点灯していましたが、2008年頃テールランプに関する法規が変わり、右斜め後ろ・左斜め後ろからブレーキライトを視認できないといけなくなりました。

普通の車なら特に問題はありませんが、SUVのような背面タイヤがあり、さらにタイヤが右寄りに付いている場合など、左斜め後ろから右のライトが見えなくなってしまいます。

出展:carselection-and.com

この法規に対応するため、一時期販売されていたパジェロミニはバンパーにブレーキライトが移設され、ボディのほうはダミーになっています。同時期に販売されていた大型SUV、パジェロについても同じ措置が取られています。

しかし法規の適用後デザインを大幅に変更する際、背面タイヤを中央寄りに移動したことでこの問題は解消されました。

 

まとめ

いつの時代も、法律や法規によって車のデザインはその影響を大きく受けています。安全基準などの理由でリトラクタブルヘッドライトの販売が難しいことは有名です。今回ご紹介したブレーキライトについても、「本当はここにつけたかったんだけどな・・・」というような気持ちがあったはずです。

いろいろな規制でデザインが制限されていることが、似たり寄ったりな見た目の車が多いと感じる原因の一つなのかもしれません。

もし現代にリトラクタブルの新車が発売されたと考えてみると、それはとても魅力的なはずです。ですがそれはせず、いかに魅力的な車を作るか。メーカーにとっても非常に難しく、もどかしいところだと思います。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-情報, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【2016~2017】絶版?いつの間にか消えた車たち

自動車は新車やマイナーチェンジを経て、時代とともに日々進化しています。そのなかで時代遅れ、需要減少などにより人知れず消えていった車も数多く存在します。 三菱エボのような有名どころが生産終了される際には …

【スズキ】スペーシアがモデルチェンジ!打倒N-BOXなるか。

スズキ スペーシアがフルモデルチェンジを行い、2017年12月14日に発売開始となりました。8月31日に一足早くモデルチェンジした軽自動車販売台数No.1のN-BOXを倒すべく、一体どのような変化を遂 …

【新型カムリ】セダン離れは本当か?セダン販売台数分析

トヨタは2017年7月10日、今年1月のデトロイトモーターショーで世界初披露したミッドサイズセダンの新型「カムリ」を日本で発売しました。 出展:toyota.jp 月販目標台数は2400台とのことです …

【日産】バッテリー再生工場オープン 成功なるか?

航続距離が伸びたといえども、バッテリーの劣化に課題の残る電気自動車ですが、そのバッテリーを再生する工場が日産自動車主導のもとオープンしました。 EV化が進む自動車業界における新たなビジネスモデルとなる …

【2018】2月度軽自動車販売台数分析

2018年2月度の軽自動車販売台数が全軽自連より発表されました。本記事ではそのデータをもとに詳しく分析したいと思います。新車ご購入の参考になれば幸いです。 今月のポイント:N-BOX、ジムニー ※通称 …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク