クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

三菱 情報 自動車

【2019】RJCカーオブザイヤーが決定!

投稿日:

Pocket

日本自動車研究者ジャーナリスト会議(RJC)が主催する「2019年次 RJC カーオブザイヤー」が決定しました!

受賞車は

11月13日、栃木県茂木町の「ツインリンクもてぎ」で2019年度RJCカーオブザイヤーの最終試乗と公開開票が行われ、その結果、三菱自動車工業のクロスオーバーSUV「エクリプス クロス」が受賞となりました。三菱自動車がRJC カーオブザイヤーを受賞するのは、2007年次の軽自動車「i」以来実に12年ぶりとなります。

受賞理由は?

「スタイリッシュなクーペスタイルのコンパクトSUVというだけではなく、三菱自動車独自の電子制御4輪駆動技術『S-AWC』により、高い走破性、操縦安定性を確保。新開発1.5リッター直噴ターボエンジン+8速スポーツモード付CVTは、中低速トルクを向上させることで、活発な走行性能を実現した」

選考は各会員が投じる6、5、4、3、2、1点の合計によって決まります。ベスト6に選出された6台の獲得点数は以下の通りです。(スバル フォレスターは一連の不正問題を受け選考を辞退)

順位 車名 得点
1 三菱 エクリプスクロス 253
2 日産 セレナe-Power 175
3 ホンダ クラリティPHEV 163
4 ホンダ CR-V 145
5 マツダ CX-8 144

出典:http://www.npo-rjc.jp/commendation/coty_2019.php

エクリプスクロスが圧倒的な差をつけ最高点を獲得しています。販売台数こそ今一つな印象を受けますが、とことん走行性能にこだわったSUVという点が評価されています。

ちなみに三菱 エクリプスクロスは「日本カーオブザイヤー」のベスト10にもノミネートされています。2冠となれば注目間違いなしですが、こちらの最終選考は12月7日を待ちましょう。

【2018-2019】日本カーオブザイヤー ベスト10が発表!

また、理事会が推薦した車等の賛否を問い、過半数の賛成によって決定される「2019年次 RJC カーオブザイヤー 特別賞」には、ホンダ「N-VAN(エヌバン)」が受賞しました。ホンダは2018年次 RJC テクノロジーオブザイヤーを獲得した「N-BOX(エヌボックス)」に続き、Nシリーズとしては2年連続の受賞となります。

スバルのSUV「フォレスター」も候補だったのですが、一連の品質不正を受け、選考対象となることを辞退しています。もう一つの「日本カーオブザイヤー」でもノミネートを辞退しており、スバルにとって非常に残念な状態が続いています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-三菱, 情報, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【スバル】燃費データ改ざん?三菱・スズキとどう違う。

スバルは20日、完成車の検査工程で行われる燃費測定で一部データに改ざんの疑いがあると発表しました。一部の完成検査員が燃費試験の計測値に変更行為があったと回答したといいます。 一体どういうことなのでしょ …

【軽自動車】全軽自協のCM クオカードが当たるキャンペーン中!

軽自動車を製造販売する企業・団体による業界団体である「一般社団法人全国軽自動車協会連合会」(通称 全軽自協)は軽自動車理解促進キャンペーンの一環としてCMを公開・放映しています。 ご存知ないかたもいら …

【自動運転】アメリカ人7割が否定的「怖くて乗れない」

米国自動車協会がアメリカで行った自動運転に関する調査で、興味深い結果が得られました。なんと7割以上の人が「完全自動運転」の車には怖くて乗れないというのです。 目次1 完全自動運転 7割超えが「怖くて乗 …

【映画】「空飛ぶタイヤ」を見てきた!感想(ネタばれ注意)

池井戸潤原作で6月15日公開の映画、「空飛ぶタイヤ」をさっそく見てきました。 トレーラー事故を起こした運送会社の社長が車両の欠陥に気付き、製造元の大手自動車会社と戦うという、三菱自動車によるリコール隠 …

クラッシュバンディクー最新作!8/3日本発売!

あのクラッシュ君が帰ってくる! 2017年8月3日、PS4で『クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!』の発売が発売が決定しております。(海外名Crash Bandicoot N. Sane Tr …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク