クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

情報

ロシア車に乗りたい!

投稿日:2017年6月8日 更新日:

Pocket

ロシア車に乗ることは可能?

ロシアにももちろん自動車会社が数多く存在し、多数の自動車を製造販売しています。ではそれらを日本で購入、運転することは可能なのでしょうか。

結論から言いますと、難しいです。

ロシア車はそのデザインからも想像のつく通り、自動車的にまだまだ未熟です。ゆえに日本国内の環境基準を満たさないものがほとんどのため、国内登録が難しいのです。欲しいと思ったロシア車がそのまま日本で乗れるかというと否です。

乗ろうと思えば乗ることは可能

しかし唯一国内での走行が可能なロシア車が存在します。それが「ラーダ ニーヴァ」です。

このモデルは1977年よりモデルチェンジをすることなく現在も生産が続くロングセラーですが、ドイツに3ドアバージョンを多く輸出しています。(ラーダが2016年にヨーロッパ諸国へ輸出した内の95%が3ドアのニーヴァなのだとか)その際もちろんドイツの環境基準を満たすよう改造されているので自動的に日本の環境基準もクリアとなります。すなわち日本で乗ることができるのです。

UAZ-3909のバンも2010年頃まで輸入可能だったようですが、現在では日本の排ガス規制を通れなくなったようで購入はできないようです。残念!

ですが、ドイツのKBAが発表した2016年8月度ドイツ国内の自動車販売台数統計を見ると、ニーヴァが101台、グランタが65台となっています。ドイツ向けニーヴァが日本に輸入可能なら、ドイツ向けグランタも日本に輸入できるのでは?!要調査ですね。(ページ最初の写真がグランタ)

個人輸入はできる?

安全基準、環境基準の点から、個人輸入をしたとしても莫大な費用がかかるうえに日本でナンバーが取れる保証はありません。もしロシア車がどうしても乗りたいと言う方はこのニーヴァに限るかと思います。

購入したい場合は、輸入代行の業者が存在するので問い合わせて見てはどうでしょうか。

また、現時点では中古車サイトのカーセンサーGooにドイツ向けニーヴァが数台売られているようです。お値段は300万円以上とお高めですが、人とは違う本格オフロードが欲しい方にはぴったりかと思います。

ちなみに本国ロシアでは455,900ルーブルで販売されており、2017年6月8日レートで日本円にしておよそ88万円です。ドイツ向けニーヴァは10490ユーロで販売されており、同じレートにしておよそ130万円ですので、やはり300万円は高いですよね・・・。

ロシアは自動車的にはまだまだ遅れていますが、こういうオフロードやレース等、特殊な用途に限れば十分楽しい車だと思います。ロシアは隣の国ですので輸送費はそんなにかからないはずです。是非いつか日本でもロシアの車に乗れる日がくるといいですね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-情報

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【2018】1月度新車販売台数分析 CX-8/クロスビーやいかに?

2018年1月度の新車販売台数が自販連より発表されました。本記事ではそのデータをもとに詳しく分析したいと思います。新車ご購入の参考になれば幸いです。 【今月の注目ポイント】 マツダCX-8、スズキクロ …

【東名高速バス事故】海外の反応

この事故は海外でも大きく報じられており、多くの動画がアップロードされ海外でも拡散されています。youtubeの動画コメントをもとに、海外の反応を集めてみました。

【日産】GTR-50が50台限定生産へ!1億円超えか

日産のGT-Rバッジ生誕50周年を記念して、日産とイタルデザインのコラボにより実現した新たなGT-R「GT-R50」が、何と50台の限定生産になる模様です。間違いなくお高いでしょう。 GT-R50が限 …

【日産】ヤリスギ!日産。排ガス検査で不正発覚

日産自動車の複数の工場で、新車の出荷前に行う排ガス性能の検査結果を、都合よく改ざんする不正が行われていたことが発覚しました。 昨年発覚した、無資格者による「完成検査」も記憶に新しいところですが、またし …

【BMW】発火の恐れ 7万台リコール

BMWジャパンは5月10日、25車種7万台について、エンジンのブローバイヒーターに不具合があるとして、国土交通省にリコールを届け出ました。 目次1 BMW7万台リコール=発火の恐れ、事故2件2 国内対 …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク