クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

ホンダ 海外 自動車

【ホンダ】シビックTypeRのピックアップを作製

投稿日:

Pocket

ホンダUKのプロジェクトチームが、シビックのタイプRを使ってピックアップトラックを作製したようです。

タイプRのピックアップトラック

ここイギリスでは、ピックアップトラックは超田舎の農場にでも行かない限り見かけることはありません。しかし、もし私たちがトラックを買うのを楽しみにしている方法があるとするならば、それは酪農、有名なホットハッチを取ってフラットベッドを持つように変換することです。

それはまさにホンダUKのエンジニアの犯人チームがやったことです。この一回限りのコンセプトは、おそらくちょうど粉砕されるのを待っているばかりだと思われる前生産のCivic Type Rを使って、スウィンドンの工場で作られました。

チームはBピラーのすべての後部を切り取って、フラットベッドのローディングベイに交換しました。象徴的かつ分割的な後部翼は残っていますが、実際に何かを背中に置く必要がある場合は、途中で持ち上げることができます。

ピックアップは標準車と同じメカニカルガボンを使用しているため、前輪を通る2.0リッターターボエンジンのVTECエンジンからのトルクは316bhpと295lbです。ホンダは、ピックアップのタイプRが165mphでトッピングする前に6秒以内に0-60mphスプリントを行うことができると推定しています。

プロジェクトリーダーであるAlyn Jamesは、次のように述べています。「スウィンドンの工場には特別なプロジェクト部門があり、このプロジェクトは創造的な心ができることをチームが示す素晴らしい機会でした。」  「我々のエンジニアがホンダのために持っている情熱は最新のものです。ニュルブルクリンクに持ち込んで、最速の前輪駆動ピックアップトラックを記録できるかどうかを検討しています。」

今、私たちが見てみたいものです!

出展:www.carthrottle.com

出展元へ➔

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-ホンダ, 海外, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【個人的】あったら絶対売れる車!

こういう車を出してほしいと言う要望は、それぞれの自動車メーカーに対してあるかと思います。 しかし世の中のニーズにマッチしていなければ、その可能性は低いのも仕方ありません。そのようななか、私が個人的に今 …

【ロシア車】安全装備はあるのか?最新ロシア車を調査

日本で発売されている自動車には多くの安全装備が搭載されています。 エアーバッグはもちろんのこと、自動ブレーキや操舵補助など、カメラとセンサーを使った先進技術がほとんどのモデルに採用されています。 では …

【新型】ジムニー:画像がリーク!原点回帰はスズキの作戦か?

スズキジムニーのフルモデルチェンジが迫っています。現行ジムニーは1998年の発売で、およそ20年ぶりの新型となります。その新型ジムニーですが、多くの画像からその中身が明らかになってきました。 さっそく …

ガソリン車がなくなる?!世界中で車は電化の流れ

目次1 フランスは2040年までに2 ボルボの目標3 フランスの動向について4 ドイツの動向5 トヨタも6 電気自動車の問題点7 個人的まとめ フランスは2040年までに 化石燃料で走る自動車を根絶し …

【ユーロNCAP】今でも売られる型落ち車、その安全性は?

自動車は日々進化しており、なかでも「安全性」の進歩は燃費以上に各社とも力を入れている分野でしょう。安全性に対する規制は年々厳しくなっており、それを満足する車をメーカーは作らなければなりません。 しかし …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク