クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

動画 情報 自動車

【新型】キャデラックXT5 安全装備はついてるの?

投稿日:

Pocket

ゼネラルモーターズ・ジャパンは7月13日、5人乗りの新型SUV「キャデラック XT5 クロスオーバー」を日本で披露し、10月28日から販売を開始すると発表しました。

キャデラックXT5とは、GMが製造・販売するミドルサイズのラグジュアリーSUVです。2015年11月に開催されたドバイモーターショーとロサンゼルスモーターショーでキャデラックSRXの後継として発表され、2016年の春に発売が開始されました。

XT5はGMのスプリングヒル工場で製造され、中国市場向けのXT5はGMと上海汽車との合弁会社SAIC-GMによって上海工場で製造されています。

中国市場向けでは直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボのダウンサイズエンジンを採用していますが、今回日本で発売が開始されるモデルは3.6L V6のみなので、スプリングヒル工場からの輸入と考えられます。

ちなみにXT5はアメリカを含め世界で最も売れているキャデラックのモデルです。

出展:caranddriver.com

出展:motortrend.com

安全装備はついてるの?

そもそもアメ車の安全性能とはどのようなものなのでしょうか。あまり見かけないだけにその情報があまり伝わっていないように感じます。

今回発売されるキャデラックXT5 CROSSOVERの安全装備を見てみましょう。

安心・快適なドライブを守る、最高評価の安全性

最も進んだ安全装備を世界に先駆けて採用するのが、キャデラックの伝統です。キャデラックXT5CROSSOVERは、レーダー、カメラ、超音波センサーを駆使した先進のセーフティデバイス、IIHS(米国道路安全保健協会)のテストで、最高評価の「トップセーフティピック+」に認定されています。
※2016年9月に認定

出展:cadillacjapan.com

安全装備としては以下のような装備が搭載されています。

スタビリトラック

天候や路面状況に関わらず、揺るぎない走りをもたらす車両安定性制御システム。雪や雨、砂利道などトラクションが低下する状況で、自動的にブレーキ圧を高めるとともにエンジン出力を低減し、安定性と操作性を保ちます。

レーンキープアシスト

ドライバーがウインカーを出さずに走行車線を逸脱しそうになると、ステアリングをゆるやかに修正する機能。また、ウインカーを出さずに走行車線を越えた場合、セーフティアラートドライバーシートで警告します。

インテリビーム

車外の状況に応じてハイビームとロービームを自動的に切り替える、インテリジェントなライティングシステム。対向車や先行車のライトを検知した場合も、自動的にハイビームをOFFにします。

フロント歩行者対応ブレーキ

乗員だけでなく、歩行者の安全にも配慮する新しいフロント歩行者対応ブレーキシステムは、カメラにより前方の状況を確認し、歩行者を発見するとドライバーに警告。さらに、必要に応じてブレーキを作動させて衝突の回避軽減を図ります。

多彩なセーフティデバイス

キャデラック XT5 CROSSOVERはレーダー、カメラ、超音波センサーを駆使した、先進のセーフティデバイスを搭載。俊敏なパフォーマンスや快適なクルージングを安心して堪能できる、高度な安全性を備えています。

【運転状況を監視し、必要に応じて注意を促す機能】

● セーフティアラートドライバーシート
● フォワードコリジョンアラート
● サイドブラインドゾーンアラート
● リアクロストラフィックアラート

【ドライバーの運転操作をアシストする機能】
● エマージェンシーブレーキシステム
● アダプティブクルーズコントロール
● レーンキープアシスト
● フロント/リアパーキングアシスト

まとめ

思ったよりちゃんとしていますね。

アメ車と聞くとマッスルカーか昔のバカでかい高級セダンのイメージがあったので、あまり先進安全装備のイメージがありませんでしたが、このように現代的なセーフティシステムが盛り込まれています。そりゃここまで高級車なわけですから、当たり前っちゃ当たり前か・・・。

アメ車を新車で買おうと検討したことがないので、全く情報不足でした。

アメ車はでかくて日本では運転しにくいとよく言われますが、安全装備がそのアシストを少なからずしてくれるでしょう。

価格は「Luxury」が668万5200円、豪華版の「Platinum」が754万9200円となっています。

最後に昔のキャデラックのCMをどうぞ。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-動画, 情報, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【新型カムリ】セダン離れは本当か?セダン販売台数分析

トヨタは2017年7月10日、今年1月のデトロイトモーターショーで世界初披露したミッドサイズセダンの新型「カムリ」を日本で発売しました。 出展:toyota.jp 月販目標台数は2400台とのことです …

【中国】各社EVを投入予定

アジア最大級の自動車ショー「北京国際モーターショー」が4月25日、北京市の北京国際展覧センターで始まりました。 その中で多くの自動車メーカー大手が、中国での電気自動車の展開について方針を示し、現地生産 …

【スバル】完成検査調査 公表は今期中か。書換不正の影響は限定的

スバルが、一部の完成検査員が燃費試験の計測値に変更行為があったと回答した自動車の生産での燃費データ書き換えの可能性を調査している問題について進展があったようです。詳しく見てみましょう。 目次1 そんな …

【ユーロNCAP】今でも売られる型落ち車、その安全性は?

自動車は日々進化しており、なかでも「安全性」の進歩は燃費以上に各社とも力を入れている分野でしょう。安全性に対する規制は年々厳しくなっており、それを満足する車をメーカーは作らなければなりません。 しかし …

【2017】8月度 軽自動車販売台数分析

8月度の軽自動車販売台数が全軽自連より発表されました。本記事ではそのデータをもとに詳しく分析したいと思います。新車ご購入の参考になれば幸いです。 ※通称名については同一車名のものを合算して集計していま …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク