クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

情報 自動車

【事故】自動ブレーキ作動せず 2017年では72件

投稿日:

Pocket

自動ブレーキの装備は当たり前になりつつまりますが、あくまでドライバーのアシストをするものであって、完璧ではありません。

そうした自動ブレーキが十分に作動せず、事故に至ったケースが多くあるようです。

自動ブレーキ十分に作動せず、昨年の事故72件

車や人を検知して、事故を未然に防ぐ「衝突被害軽減ブレーキ」(自動ブレーキ)が十分に作動せずに事故に至ったとの報告が昨年1年間で72件、国土交通省に寄せられたことがわかった。同省が自動ブレーキを巡る事故情報を集計したのは初めて。速度超過で作動が間に合わなかったケースなどがあり、同省は性能を過信しないよう注意を呼びかけている。

 自動ブレーキは、車載のカメラやレーダーが前方の障害物などを検知し、自動停止して被害を防ぐ。国内では2003年から自動ブレーキを実装した車両が市販され、その後急速に普及。16年に生産された乗用車には66%(約248万台)に搭載された。

 国交省によると、昨年にドライバーやメーカーなどから報告のあった自動ブレーキのトラブル情報は計340件。これらを独立行政法人・自動車技術総合機構の交通安全環境研究所が分析したところ、自動ブレーキが十分に作動しなかった例は88件あり、うち72件が接触や追突などの事故につながっていた。歩行者がはねられて死亡した事故も1件報告された。

出展:www.yomiuri.co.jp

出展元へ➔

運転もできない人間になる

こうしたドライバーの運転を支援するシステムを多用することで、人がこれまで行ってきた「自動車の運転」が大きく変わろうとしています。便利になる一方で、果たしてそれは人間にとって本当に無くてはならないものなのでしょうか。

個人的には、人間が持つ様々な能力の低下に繋がると思っています。高速道路でのクルーズコントロールでさえ、アクセルを踏み続けると言う「持久力・耐久力」の低下に繋がります。実際使ってみると、もうアクセルなんてしんどくて踏んでられない感覚になるかと思います。

自動ブレーキは「集中力」と「瞬発力」を低下させると考えますが、上記の報告を見ると、どんなアシストがあっても、そのアシストできる範疇を逸脱するような「もともと出来の悪い人間」がいるということが分かります。そういう人に対して人間的な能力を問うても仕方ないのですが、危険な運転であればある程その動作を停止させるような仕組みの方が必要なのかとも思います。

完全自動運転は、そうした危険運転を防止するにも効果を発揮するでしょうが、事故の無い世界は「人に運転させない世界」であると思うと、悲しくもあり、我々人間が長らくの間構築してきた「自動車の運転技術」が過去のものになることを感じさせます。

しかし昔必要とされていたであろう「馬を操る技術」は現代において全く必要とされておらず、未来の世界では自動車に対して同じようなことになっていても、全くおかしくはないのです。つまらない自動車が増える現代ですが、どの時代でも、乗りたい車に乗るのが正解だと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-情報, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【事故動画】高速道路で停止するということ

高速道路上で車を停止させることは非常に危険です。 最近では煽り運転や急ブレーキといったトラブル「ロードレイジ」が相次いでいますが、事故やうっかり高速道路上で車を停止させてしまうとどうなるのでしょうか。 …

【事故】転落した車がケンメリを直撃!よりによって・・・

またしても旧車が犠牲になる事故が発生しました。 81歳の女性高齢ドライバーがフェンスを突き破り、下の駐車場に止めてあったスカイラインC110型(通称ケンメリ)に突っ込みました。 フェンス突き破り車転落 …

no image

2017年最新 各社最安コンパクトカーランキング2

国内最安コンパクトカー(パッソ、ブーン、マーチ、フィット、デミオ、ジャスティ、ミラージュ、スイフト)について、価格でのランキングは前回作成致しました。今回は以下のスペックにおける順位をつけたいと思いま …

【2017】12月度新車販売台数分析 SUV市場に新たな動き!

12月度の新車販売台数が自販連より発表されました。本記事ではそのデータをもとに詳しく分析したいと思います。新車ご購入の参考になれば幸いです。 ※輸入車、軽自動車は含まれません。 順位 車種名 メーカー …

【2018-2019】日本カーオブザイヤー ベスト10が発表!

2017年11月1日から2018年10月31日までに発表または発売され、年間の販売台数が500台以上見込まれている乗用車を対象として選別される今年の「日本カー・オブ・ザ・イヤー」のベスト10車種が発表 …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク