クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

スズキ スバル ダイハツ トヨタ ホンダ マツダ 三菱 情報 日産 自動車

【2018】9月度新車販売台数分析

投稿日:

Pocket

2018年9月度の新車販売台数が自販連より発表されました。本記事ではそのデータをもとに詳しく分析したいと思います。新車ご購入の参考になれば幸いです。

乗用車ブランド通称名別順位

掲載元へ➔

【今月の注目ポイント】

CR-V

※輸入車、軽自動車は含まれません。

メーカー別販売台数

販売台数上位50位の中に含まれる車種数をメーカー別で分類するとこのようになります。

メーカー 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月
トヨタ 23 21 21 21 21 21 19
ホンダ 7 8 8 7 8 9
日産 5 5 5 5 5 6
マツダ 4 5 6 5 5 5
スズキ 4 3 3 4 3 3
スバル 4 2 3 3 3 3
レクサス 3 3 0 1 1 1
三菱 1 2 2 2 3 3
ダイハツ 1 1 2 2 1 1

やはりトヨタが最も多いですね。この強さが弱まることはまずないでしょう。

しかし2台減少した分、ホンダと日産に振り分けられています。日産、スバル、スズキでは完成検査での不正が追加で明らかになっています。

【国内】自動車メーカーの新たな不正が発覚!整理してみた

販売台数合計

ランクインの数が多ければ多いほど、自然と合計販売台数も増えます。公開されている上位50車種のメーカー別合計台数を見てみましょう。

メーカー 先月 メーカー 合計台数(上位50車種) 傾向
トヨタ 91,292 トヨタ 104,862 +13,570
日産 22,881 ホンダ 33,171 +11,029
ホンダ 22,142 日産 32,853 +9,972
マツダ 9,832 マツダ 16,162 +6,330
スバル 7,535 スバル 10,611 +3,076
スズキ 7,493 スズキ 9,883 +2,390
三菱 2,289 三菱 3,817 +1,528
ダイハツ 2,184 ダイハツ 2,694 +510
レクサス 571 レクサス 784 +213
合計 166,219 合計 214,837

全体的に台数は先月に比べ大きく増加しています。

各社トップセールス

1 日産 ノート 1位/50位
2 トヨタ アクア 2位/50位
3 ホンダ フリード 6位/50位
4 スバル フォレスター 18位/50位
5 マツダ CX-5 20位/50位
6 スズキ ソリオ 24位/50位
7 ダイハツ トール 32位/50位
8 三菱 アウトランダー 40位/50位
9 レクサス RX450H 50位/50位

スバルは新型フォレスター、三菱は新型アウトランダーに人気が集まりました。

ミニバン

上位50位に含まれるミニバンは、販売台数の多い順に以下の通りでした。

順位 メーカー 車種 販売台数
1 日産 セレナ 9,402
2 ホンダ フリード 8,091
3 トヨタ シエンタ 7,314
4 トヨタ ヴォクシー 7,188
5 トヨタ アルファード 5,692
6 ホンダ ステップワゴン 5,546
7 トヨタ ノア 4,552
8 トヨタ エスクァイア 3,408
9 トヨタ ヴェルファイア 2,868
10 三菱 デリカD:5 1,509
11 ホンダ オデッセイ 1,432
12 日産 エルグランド 789

ミニバンは50台中12台を占め、非常に人気ということが改めて分かります。エルグランドが久々の登場です。

SUV

上位50位に含まれるSUVは、販売台数の多い順に以下の通りでした。

順位 メーカー 車種 販売台数
1 トヨタ C-HR 6,678
2 ホンダ ヴェゼル 5,757
3 スバル フォレスター 5,154
4 日産 エクストレイル 5,045
5 マツダ CX-5 5,018
6 トヨタ ハリアー 3,636
7 スズキ クロスビー 2,699
8 マツダ CX-8 2,477
9 マツダ CX-3 2,183
10 トヨタ ランドクルーザー 1,705
11 三菱 アウトランダー 1,509
12 ホンダ CR-V 938
13 三菱 エクリプスクロス 847
14 レクサス RX450H 784

SUVは50台中14台を占めました。

ランキングには表れませんでしたが、スズキジムニーの海外版(日本で言うシエラ)のクラッシュテストが話題になりましたね。

【スズキ】海外版ジムニー クラッシュテストで低評価

CX-8 vs クロスビー vs エクリプスクロス

発売時期が割と近いマツダの国内向けSUVラインアップにおける最上位モデルである新型「CX-8」スズキのクロスビー、そして三菱エクリプスクロスを比べてみましょう。

クラスもコンセプトも違いますが、新参者ということでそれぞれの販売台数を比べてみましょう。

  CX-8 クロスビー エクリプスクロス
1月 2,938 2,442
2月 3,032 2,905
3月 4,342 3,751 4,996
4月 2,743 2,716 889
5月 2,484 3,149 807
6月 2,918 2,954 1,085
7月 2,028 2,376  852 
8月 1,398 1,772 691
9月 2,477 2,699 847
合計 24,360 24,764 10,167

今月は全てにおいて台数は増加となりました。三菱 エクリプスクロスは発売7カ月目でようやく1万台を突破しました。CX-8、クロスビーはいい勝負ですね。

国内では2年ぶりの復活となったホンダCR-Vですが、先月の販売台数1,344台に続き今月も938台と不発。ホンダのSUVといえばヴェゼルが好調ですが、そのひとつ上のランクとなると客層が大きく変わるようですね。今後に期待です。

【ホンダ】新型CR-Vが発売!新旧比較まとめ

まとめ

ミニバンとSUVの人気がすさまじい中、とあるセダンが話題となっています。そう、トヨタセンチュリーGRMNです。

【トヨタ】鮮烈デビューのセンチュリーGRMN 海外の反応は?

トヨタ自動車社長 豊田章男氏専用のこの車は、今のところ市販の予定はないとのことですが、海外でも話題となるなどひときわ注目を浴びています。ここ日本における最高級車といえばセンチュリーのほかにありませんが、そのセンチュリーをパワーアップしたようなクレイジーな車があっても面白そうですね。

しかしクラウンが無理やり若返ろうとして大衆車のようになってしまったことを考えると、センチュリーも同じ道をたどるのかと心配にもなります。ひとまず新型が出たばかりですから、大丈夫でしょうが。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-スズキ, スバル, ダイハツ, トヨタ, ホンダ, マツダ, 三菱, 情報, 日産, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【2018】11月度軽自動車販売台数分析

2018年11月度の軽自動車販売台数が全軽自連より発表されました。本記事ではそのデータをもとに詳しく分析したいと思います。新車ご購入の参考になれば幸いです。 今月のポイント:ジムニー ※通称名について …

【ランドローバー】新型ディフェンダー?公式スクープ画像!

ランドローバーのアイコン的モデルである「ディフェンダー」。2015年に生産を終了してしばらく経ちますが、その後継とも思われるモデルがチラチラと見えてきました。 正式な後継なのか、はたまた別モデルなのか …

【新型】日産リーフ ドアパネルは流用?フルモデルチェンジでどう変わる

2010年12月に日産自動車より発売を開始した電気自動車のリーフですが、フルモデルチェンジされ2017年9月6日に公開されました。本記事では、デザインを主に何が変わったのかについてお伝えいたします。 …

【国内】最新自動車メーカー格付けランキング2017

金融商品または企業・政府などの信用状態に関する評価を簡単な記号または数字で表示した等級を「信用格付(しんようかくづけ)」といいます。 日本では金融庁に登録を受けた格付会社が格付けを行っており、信用格付 …

【世界初】今では当たりまえの装備たち。その先駆けは?

自動車は常に進化し続けており、次々と新しい技術が搭載されてゆきます。パワートレインから安全装備など様々ですが、今では当たり前の装備も、もちろん初登場の時期があったわけです。 というわけで、今では当たり …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク