クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

スズキ スバル ダイハツ トヨタ ホンダ マツダ 三菱 情報 日産 自動車

【2018】2月度新車販売台数分析 今月から上位50車に拡大!

投稿日:

Pocket

2018年2月度の新車販売台数が自販連より発表されました。本記事ではそのデータをもとに詳しく分析したいと思います。新車ご購入の参考になれば幸いです。

また、今月から乗用車ブランド通称名別順位がこれまでの上位30台から、50台へと大幅に拡大されました。これにより、これまで見えなかったモデルの姿も見えるようになりました。過去の発表についても50台に更新されていますので、気になる方は是非チェックしてみてはどうでしょうか。

【今月の注目ポイント】
マツダCX-8、スズキクロスビー、ホンダヴェゼル、三菱

※輸入車、軽自動車は含まれません。

順位 車種名 メーカー 販売台数
1 ノート 日産 13,769
2 プリウス トヨタ 11,507
3 アクア トヨタ 11,167
4 セレナ 日産 10,408
5 フィット ホンダ 8,389
6 シエンタ トヨタ 8,385
7 フリード ホンダ 8,144
8 ヴォクシー トヨタ 7,980
9 C-HR トヨタ 7,627
10 ヴィッツ トヨタ 7,122
11 ルーミー トヨタ 6,851
12 ステップワゴン ホンダ 6,573
13 カローラ トヨタ 6,268
14 タンク トヨタ 5,969
15 ヴェゼル ホンダ 5,887
16 ノア トヨタ 5,865
17 エクストレイル 日産 5,854
18 インプレッサ スバル 5,445
19 デミオ マツダ 5,280
20 ヴェルファイア トヨタ 4,835
21 パッソ トヨタ 4,597
22 アルファード トヨタ 4,534
23 ハリアー トヨタ 4,436
24 ソリオ スズキ 3,834
25 エスクァイア トヨタ 3,802
26 リーフ 日産 3,720
27 スイフト スズキ 3,045
28 CX-8 マツダ 3,032
29 ランドクルーザー トヨタ 2,981
30 クロスビー スズキ 2,905
31 シャトル ホンダ 2,716
32 カムリ トヨタ 2,451
33 アクセラ マツダ 2,208
34 トール ダイハツ 1,965
35 クラウン トヨタ 1,817
36 オデッセイ ホンダ 1,666
37 フォレスター スバル 1,618
38 シビック ホンダ 1,542
39 レヴォーグ スバル 1,526
40 CX-3 マツダ 1,439
41 デリカD5 三菱 1,351
42 マーチ 日産 1,187
43 LS500 レクサス 1,184
44 プレミオ トヨタ 952
45 LS500H レクサス 948
46 キューブ 日産 947
47 NX300H レクサス 931
48 エスティマ トヨタ 881
49 アウトランダー 三菱 864
50 ジャパンタクシー トヨタ 832

メーカー別販売台数

以上の販売台数上位50位の中に含まれる車種数をメーカー別で分類するとこのようになります。

メーカー 2月
トヨタ 21
ホンダ 7
日産 6
マツダ 4
スズキ 3
スバル 3
レクサス 3
三菱 2
ダイハツ 1

やはりトヨタが最も多いですね。しかも今月からはレクサスがランキングに加わりました。この強さが弱まることはまずないでしょう。

発表台数が増えたことで、各社ともに台数としては増加しています。三菱が現れるのは久々ではないでしょうか。

各社トップセールス

1 日産 ノート 1位/50位
2 トヨタ プリウス 2位/50位
3 ホンダ フィット 5位/50位
4 スバル インプレッサ 18位/50位
5 マツダ デミオ 19位/50位
6 スズキ ソリオ 24位/50位
7 ダイハツ トール 34位/50位
8 三菱 デリカD5 41位/50位
9 レクサス LS500 43位/50位

2017年9月29日に発覚した「完成車検査不正問題」が影響し一時大きく順位を落とした日産ノートですが、先月に引き続き1位となりました。e-powerが求められているのでしょう。しかし国内6工場のISOも取り消されていますから、もちろん気は抜けません。

【日産】6工場でISO認証取り消しへ。ISOとは?

気になるカムリの順位は?

日本での発売を開始した2017年7月から2018年1月までの販売台数は合計20,314台、月平均では2,902台と安定してきました。7月以来上位30位に食い込んでいましたが、今月は2,451台32位と初めて30位を超えました。

本来ならランク外ですが奇跡が起きたのか、ちょうど今月から上位50位発表になったため、ランクインです。あやしい・・・。

売上トップのミニバンは?

上位50位に含まれるミニバンは、販売台数の多い順に以下の通りでした。

順位 メーカー 車種 販売台数
1 日産 セレナ 10,408
2 トヨタ シエンタ 8,385
3 ホンダ フリード 8,144
4 トヨタ ヴォクシー 7,980
5 ホンダ ステップワゴン 6,573
6 トヨタ ノア 5,865
7 トヨタ ヴェルファイア 4,835
8 トヨタ アルファード 4,534
9 トヨタ エスクァイア 3,802
10 ホンダ オデッセイ 1,666
11 三菱 デリカD5 1,351
12 トヨタ エスティマ 881

ミニバンは先月同様50台中12台を占め、非常に人気ということが改めて分かります。やはりここでもラインナップの多いトヨタのミニバンが多くランクインしています。一時は出荷停止により販売台数0台となった日産セレナが1位と、先月同様小型車とミニバン部門で1位となっています。

また、これまでは見えていなかったオデッセイ、デリカD5、エスティマが見えてきました。デリカについては新型モデルのテスト写真が明らかになっています。

【三菱】新型デリカ テストの写真が明らかに!マイナーチェンジか

売上トップのSUVは?

上位50位に含まれるSUVは、販売台数の多い順に以下の通りでした。

順位 メーカー 車種 販売台数
1 トヨタ C-HR 7,627
2 ホンダ ヴェゼル 5,887
3 日産 エクストレイル 5,854
4 トヨタ ハリアー 4,436
5 マツダ CX-8 3,032
6 トヨタ ランドクルーザー 2,981
7 スズキ クロスビー 2,905
8 スバル フォレスター 1,618
9 マツダ CX-3 1,439
10 レクサス NX300H 931
11 三菱 アウトランダー 864

不思議なのは1月度に2,045台だったマツダのCX-5が存在しないと言うことです。たった1ヶ月で50位のジャパンタクシー832台以下になってしまったということでしょうか?昨年12月に発売を開始したCX-8にお客が流れたとも考えられます。だとしたら喜んでいいのかどうか難しいところですね。

CX-8とクロスビー

新型「CX-8」は3列シートクロスオーバーSUVで、マツダの国内向けSUVラインアップにおける最上位モデルとなります。発売までの3カ月間で月間販売目標1200台の6カ月分を上回る7362台の予約注文を獲得しています。

また、スズキは「Xbee」を12月25日に発売しています。クロスビーはISG(モーター機能付発電機)を使用したマイルドハイブリッドを採用する1.0リッター直噴ターボエンジンを搭載しており、トランスミッションは6速ATが組み合わされ、2WDと4WDが用意されています。

クラスもコンセプトも違いますが、販売台数を比べてみましょう。

1月 2月
CX-8 2,938 3,032
クロスビー 2,442 2,905

三菱

三菱自動車は新型SUV「エクリプスクロス」を2018年3月1日に国内で発売となりました。

販売前の予約受注が2月末で約5000台となっており、上々の滑り出しと言えます。三菱が得意とする4輪制御技術であるS-AWC(スーパーオールホイールコントロール)というランエボ譲りの走破性を持つ、コンパクトでスタイリッシュながら本格的なコンパクトSUVです。

なんちゃって4WDが多いSUV市場ですが、果たしてどこまでSUVに対して本気なお客がいるかが勝負の分かれ目でしょう。相当な後発ですが、その分のメリットや本気度は他メーカーを凌ぎます。

今後の勢いが気になりますね。

ホンダ

2013年にコンパクトSUVの「ヴェゼル」が発売され存在感が薄れたことで国内販売を終了した「CR-V」が2018年6月以降に日本国内に復活する予定となっています。ハイブリッドが採用される見込みで、加熱する国内SUV市場にさらなる勢いを付ける狙いです。

マイナーチェンジ後のヴェゼルは、2018年2月15日発売となりました。よりスタイリッシュになった印象を受けます。これにより販売台数は1月度の3,411台から5,887台と大幅に増加しています。

マイナーチェンジ後エクステリア

まとめ

ホンダの新型シビックが2017年9月29日に発売開始となっていますが、50位発表となったことで初めてランキングに表れてきました。今月は1,542台とあまりいい調子では無かったことが見えてきましたね。

また、2017年の10、11月で販売台数に大きな変動を引き起こした日産、スバルの完成検査問題ですが、日産は完全回復したと言えるでしょう。スバルはインプレッサのみと淋しい状態が続きましたが、フォレスターの順位が見えるようになりました。

気になっていた新型SUVのマツダCX-8、スズキXBeeに関しては、マツダが一歩リードの様子。スズキは悪くないながらも、ハスラードリームの再燃とはいかないようです。来月はいよいよ三菱エクリプスクロスが現れてきます。上記2台に加えたこの3台は今後も注目したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-スズキ, スバル, ダイハツ, トヨタ, ホンダ, マツダ, 三菱, 情報, 日産, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【Flatout4】フラットアウト4プレイ感想!

フラットアウトシリーズ最新作「FLATOUT4 Total Insanity」は2017年8月31日に日本発売となっております。 いくつかの項目に分けて、プレイしてみた感想・評価をしてみたいとおもいま …

【2018】4月度新車販売台数分析 ソリオ「・・・」

2018年4月度の新車販売台数が自販連より発表されました。本記事ではそのデータをもとに詳しく分析したいと思います。新車ご購入の参考になれば幸いです。 また、今月からランキングの掲載は取りやめ、注目のカ …

【ホンダ】N-VANが画像が多数公開!N-BOXと比較してみた!

ホンダのN-VAN(エヌバン)のページが更新され、多数の画像が公開となりました。 本記事では2017年8月31日にフルモデルチェンジし、軽自動車販売台数No.1の販売誇る同社N-BOXと比較し、現時点 …

【日産】技能実習不正発覚 お前もか

三菱自動車で発覚した技能実習生に計画外の作業をさせていた不正で、日産自動車でも同じような不正が行われていたことが分かりました。 目次1 日産自動車も技能実習不正 45人に計画と異なる作業2 三菱より多 …

【新型】ジムニーシエラ 新旧比較!

画像がリークした新型ジムニーシエラは、現行シエラの次世代モデルになるわけですが、一体どういう変化を遂げるのでしょうか。正式に公開がされていない現時点では時期尚早かもしれませんが、先取りしてその違いを把 …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク