クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

スズキ スバル ダイハツ トヨタ ホンダ 三菱 情報 日産 自動車

【2018】1月度軽自動車販売台数分析 +密かな戦い

投稿日:

Pocket

2018年1月度の軽自動車販売台数が全軽自連より発表されました。本記事ではそのデータをもとに詳しく分析したいと思います。新車ご購入の参考になれば幸いです。

今月のポイント:ekカスタムアクティブギア、タント

※通称名については同一車名のものを合算して集計しています

軽自動車販売台数ランキング

1月度

順位 車種名 メーカー 販売台数
1 N-BOX ホンダ 19,309
2 デイズ 日産 14,843
3 タント ダイハツ 12,125
4 ムーブ ダイハツ 11,342
5 スペーシア スズキ 10,399
6 ワゴンR スズキ 10,065
7 ミラ ダイハツ 7,498
8 アルト スズキ 5,839
9 N-WGN ホンダ 5,225
10 ハスラー スズキ 5,109
11 キャスト ダイハツ 4,060
12 eKワゴン 三菱 3,466
13 ウェイク ダイハツ 3,083
14 ピクシス トヨタ 1,584
15 N-ONE ホンダ 1,472

メーカー別販売台数

以上の販売台数上位15位の中に含まれる車種数をメーカー別で分類するとこのようになります。

メーカー 12月 1月
ダイハツ 5種 5種
スズキ 5種 4種 
ホンダ 2種 3種 
日産 1種 1種 
三菱 1種 1種 
トヨタ 1種 1種 

マツダ、スバル:0車種

相変わらず大ヒットのホンダN-BOXですが、15位にN-ONEがランクインしました。あまり取り上げられていませんが、2017年12月21日にマイナーチェンジをしており、これが効いたのかもしれません。(デザインの変更はありませんが)

完成検査不正の影響で2017年10月は5,961台と大きく販売台数を落とした日産デイズですが、バカみたいに売れています。完全復活です。

各社トップセールス

1 ホンダ N-BOX 1位/15位
2 日産 デイズ 2位/15位
3 ダイハツ タント 4位/15位
4 スズキ スペーシア 5位/15位
5 三菱 eKワゴン 12位/15位
6 トヨタ ピクシス 14位/15位

今月も先月に引き続きホンダのN-BOXがトップとなりました。9月1日にフルモデルチェンジをしたN-BOXが大きく評価されています。

 

スズキはスペーシアを12月14日に発売を開始しています。

【スズキ】スペーシアがモデルチェンジ!打倒N-BOXなるか。

12月度の台数は8757台でしたので、今月は大きく台数を増やしています。

気になるハスラーの順位は?

スズキの大ヒット車であるハスラー。ここ数カ月の登録台数推移を見てみましょう。

8月 9月 10月 11月 12月 1月
4,609台 6,540台 5,232台 4,628台 4,194台 5,109台

安定して売れているようです。そんなハスラーは2018年度中にマイナーチェンジの噂があります。現時点では詳細な情報こそないものの、待ち遠しいですね。

ハスラー繋がりでいうと、ハスラーの普通SUV版である「XBee」が発売を開始しています。

SUV市場に乗り込んだスズキですが、1月の販売台数は上位30代に現れませんでした。果たしてハスラーのようにヒットとなるでしょうか。注目です。

【2018】1月度新車販売台数分析 CX-8/クロスビーやいかに?

売上トップの軽トールワゴンは?

上位15位に含まれる軽トールワゴンは、販売台数の多い順に以下の通りでした。
※同一名の車種は除く

順位 メーカー 車種 販売台数
1 ホンダ N-BOX  19,309
2 ダイハツ タント 12,125
3 スズキ スペーシア 10,399
4 ダイハツ ウェイク 3,083

各社ともにラインナップしている軽トールワゴンは15台中4台を占め、人気ということが改めて分かります。ホンダのN-BOXを超える軽自動車は生まれるでしょうか。

また、ダイハツのタントは12月18日にマイナーチェンジしており、それによりムーヴキャンバスでダイハツの車に初めて採用された「パノラマモニター」が導入されました。サイドカメラ・バッグカメラ・フロントカメラが映し出す映像をモニターで確認することができます。

しかし価格は据え置いたことから、登録台数が増加したと思われます。

日産デイズ、三菱eKワゴンの格差

日産自動車と三菱自動車の合弁企業「NMKV」が製造する車ですが、販売数に大きな差があります。

順位 メーカー 車種 8月 9月 10月 11月 12月 1月
1 日産 デイズ 9,644 15,353 5,961 8,624 9,288 14,843 
2 三菱 eKワゴン 2,705 5,528 2,380 3,726 3,019 3,466 
大小の比率 3.6 2.8 2.5 2.3 3.1 4.3

eKワゴンは燃費偽装のイメージが、デイズは不正検査のイメージがつくことになった不遇な車ですが、基本的に同じ車であってもブランドイメージにより販売台数には差があります。販売台数格差比率は減少傾向でしたが、1月度は猛烈な差となりました。

12月21日に、三菱はeKカスタムに「アクティブギア」をラインナップし同日販売を開始しており、販売数こそ増えたもののアクティブギア効果とは言い難いです。

新型のeKワゴン、デイズは2018年度中と言われていますが、三菱の燃費不正の件もあってか時期型の開発を主導するのは日産となるようです。

もともと軽自動車のノウハウがなかった日産がうまいこと三菱の技術を吸い取った形です。しかし日産も日産で完成車検査不正がありましたから、どうなることやら。

まとめ +おまけ

1月度はデザインの変更を伴わないマイナーチェンジ(インテリア、エクステリアのカラー追加程度)のみでしたので、動きはさほどありませんでした。しばらく静観となりそうです。

少し気になったので、この15台のうち最も歴史のある軽自動車を調べてみました。途中統合などで系統から外れる場合もありますが、事実上の初代となります。

順位 車種名 メーカー 初代発売年度
1 N-BOX ホンダ 2011年
2 デイズ 日産 2013年
3 タント ダイハツ 2003年
4 ムーブ ダイハツ 1995年
5 スペーシア スズキ 2013年
6 ワゴンR スズキ 1993年
7 ミラ ダイハツ 1980年
8 アルト スズキ 1979年
9 N-WGN ホンダ 2013年
10 ハスラー スズキ 2014年
11 キャスト ダイハツ 2015年
12 eKワゴン 三菱 2013年
13 ウェイク ダイハツ 2014年
14 ピクシス トヨタ 除外
15 N-ONE ホンダ 2012年

その結果、スズキ アルトの初代は1979年に発売されており、およそ39年ものロングライフと分かりました。今でも昔ながらの軽自動車のスタイルを保ちつつ、MTをラインナップするなど、なるほどと言わせる理由がありますね。

初代アルト

その次が1980年発売のダイハツ ミラですが、こちらも2011年発売の「ミライース」など独自の進化を遂げ、時代に適応しています。

初代ミラ

ランキングを良く見てみると、アルトとミラの、そしてワゴンRとムーブといったスズキとダイハツの密かな争いが脈々と受け継がれていることが分かります。

今後もますます進化する軽自動車から目が離せません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-スズキ, スバル, ダイハツ, トヨタ, ホンダ, 三菱, 情報, 日産, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【三菱】技能実習で不正発覚 技能実習生制度の問題とは?

三菱自動車が岡崎製作所で受け入れた外国人技能実習生に対し、実習内容とは異なる仕事をさせていたことが明らかになったと、朝日新聞が報じました。 技能実習制度とその問題点について考えてみました。 目次1 本 …

100年で車はどう進化した?映像で見る交通事情の変化

自動車の歴史は古く、ざっと100年を超えます。 時代に応じて常に進化を続ける自動車ですが、その形跡をたどった面白い動画をご紹介いたします。 目次1 どの時代がお好み?2 海外のコメント3 おまけ どの …

【豆知識】世界初のミニバンは1930年代に存在!?

日本国内における最近の売れ筋と言えば、何と言ってもSUVとミニバンでしょう。特にミニバンは荷物も人もたくさん積める、人気の車種です。 そんなミニバンのご先祖様といえる車をご紹介します。 目次1 ミニバ …

【海外】インドの最新SUVはどんな感じ?-マヒンドラXUV500

もちろんインドにも自動車会社が存在し、多くの国産車が走っています。 一体近年のSUVと比べてどう違っているのか、その特筆すべき機能について取り上げたいと思います。 目次1 マヒンドラ&マヒンドラとは2 …

【ホンダ】N-VANの新画像を検証 N-BOXの商用版なかれ?

ホンダN-VANについて新たな可能性が浮上しています。それによると単なるN-BOXの商用モデルではなく、ボディにも大きな変化が加えられるようです。 さらにはバモスの存続について、個人的予想をしてみたい …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク