クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

スズキ スバル ダイハツ トヨタ ホンダ マツダ 三菱 情報 日産 自動車

【2017】11月度新車販売台数分析 日産回復?

投稿日:

Pocket

11月度の新車販売台数が自販連より発表されました。本記事ではそのデータをもとに詳しく分析したいと思います。新車ご購入の参考になれば幸いです。

※輸入車、軽自動車は含まれません。

順位 車種名 メーカー 販売台数
1 プリウス トヨタ 11,728
2 アクア トヨタ 9,985
3 フィット ホンダ 9,217
4 カローラ トヨタ 8,381
5 シエンタ トヨタ 7,439
6 ルーミー トヨタ 7,381
7 ヴィッツ トヨタ 7,311
8 ノート 日産 6,893
9 タンク トヨタ 6,718
10 ヴォクシー トヨタ 6,111
11 フリード ホンダ 6,031
12 C-HR トヨタ 6,001
13 ステップワゴン ホンダ 5,032
14 ノア トヨタ 4,759
15 ハリアー トヨタ 4,672
16 インプレッサ スバル 4,294
17 パッソ トヨタ 4,216
18 ソリオ スズキ 3,906
19 ヴェゼル ホンダ 3,735
20 エスクァイア トヨタ 3,726
21 セレナ 日産 3,192
22 カムリ トヨタ 3,182
23 CX-5 マツダ 3,148
24 ヴェルファイア トヨタ 3,078
25 ランドクルーザー トヨタ 2,773
26 アルファード トヨタ 2,687
27 スイフト スズキ 2,571
28 エクストレイル 日産 2,495
29 トール ダイハツ 2,389
30 クラウン トヨタ 2,378

メーカー別販売台数

以上の販売台数上位30位の中に含まれる車種数をメーカー別で分類するとこのようになります。ついでに7月~10月と比較してみましょう。

メーカー 7月 8月 9月 10月 11月
トヨタ 17 16 16 17 18
ホンダ 4 5 4 4
日産 3 3 3 2
マツダ 3 2 3 2
スズキ 2 2 2 2 2
スバル 1 2 2 2 1
ダイハツ 0 0 0 0 1

やはりトヨタが最も多いですね。トップ10のうち8車種をトヨタが占めいています。この強さが弱まることはまずないでしょう。ホンダがそのあとを追う形はここのところ変わっていませんが、如何せんトヨタの一人勝ちという構図が否めません。

また、販売の大半を軽自動車が占めるためかこれまでトップ30に顔を見せなかったダイハツは「トール」が29位にランクインしています。

各社トップセールス

1 トヨタ プリウス 1位/30位
2 ホンダ フィット 3位/30位
3 日産 ノート 8位/30位
4 スバル インプレッサ 16位/30位
5 スズキ ソリオ 18位/30位
6 マツダ CX-5 23位/30位
7 ダイハツ トール 29位/30位

先月は2017年9月29日に発覚した「完成車検査不正問題」が影響し大きく順位を落とした日産ノートですが、回復の兆しを見せています。しかし問題発覚前はプリウスやアクアと2~3位の座を争っていたことを考えると、復活とまではいきません。国内6工場のISOも取り消されていますから、もちろん気は抜けません。

【日産】6工場でISO認証取り消しへ。ISOとは?

11月、日産の完成検査不正に続いてスバルでも同じ不正が発覚しました。その影響がでたのかインプレッサの販売台数は10月の5,390台から4,294台に落ちました。ここのところランクインしていたレヴォーグはランク外となりました。

【スバル】完成車検査で問題発覚!30年前から?!

2017年6月にマイナーチェンジしたホンダのフィットですが、プリウス、アクアに次ぐ3位となり、これは今年最高の順位となります。ここのところフリードの売り上げがフィットを上回っていましたが、今月はフィットがホンダトップの売り上げ9,217台を誇りました。

気になるカムリの順位は?

7月度の販売台数順位は3,244台で26位、8月度は販売台数を落とし2,728台で25位、9月度は3,324台で30位と、10月度は3,180台で22位でした。

そんな中、11月度は3,182台で順位は変わらず22位でした。

7月 8月 9月 10月 11月
3,244 2,728 3,324 3,180 3,182 

販売台数は2台増加し、ランキングは先月に引き続き22位となりました。先月は日産ノートより売れましたがあっさり抜かれ、セダンフィーバーは一夜の夢と消えました。個人的に注目している車種ですが、月平均3,000台も売れていればこのご時世、セダンとしては上等といえます。

さらなる売り上げに期待したいところです。

カローラの販売台数は7月度6,580台、8月度4,969台、9月度5,549台、10月度6,505台でしたが、なぜか販売数が急激に増加し、11月度は8,381台となりました。

カローラはセダンタイプの「アクシオ」とワゴンタイプの「フィールダー」がありますが、10月11日に実施されたカローラフィールダーのマイナーチェンジが効いたのでしょうか。大衆車として発売から50年以上たった今でもその強さを感じます。

売上トップのミニバンは?

上位30位に含まれるミニバンは、販売台数の多い順に以下の通りでした。

順位 メーカー 車種 販売台数
1 トヨタ シエンタ 7,439
2 トヨタ ヴォクシー 6,111
3 ホンダ フリード 6,031
4 ホンダ ステップワゴン 5,032
5 トヨタ ノア 4,759
6 トヨタ エスクァイア 3,726
7 日産 セレナ 3,192
8 トヨタ ヴェルファイア 3,078
9 トヨタ アルファード 2,687

ミニバンは先月同様30台中9台を占め、非常に人気ということが改めて分かります。やはりここでもラインナップの多いトヨタのミニバンが多くランクインしています。先月は出荷停止により販売台数0台となった日産セレナも、再び加わりました。

高価格のアルファード、ヴェルファイアも必ずランクインしています。やはり「最高級ミニバン」という唯一の立ち位置が一定のユーザーにも求められているようです。そう考えると三菱デリカももっと売れていいはずなんですが・・・。

また、11月17日にマイナーチェンジしたオデッセイですが、これから売台数を回復させることはできるのか注目ですね。

マイナーチェンジ後エクステリア

売上トップのSUVは?

上位30位に含まれるSUVは、販売台数の多い順に以下の通りでした。

順位 メーカー 車種 販売台数
1 トヨタ C-HR 6,001
2 トヨタ ハリアー 4,672
3 ホンダ ヴェゼル 3,735
4 マツダ CX-5 3,148
5 トヨタ ランドクルーザー 2,773
6 日産 エクストレイル 2,495

SUVも近年人気の車種ですが、ラインナップの多いトヨタが3車種ランクインしています。日産エクストレイルが復活してもなおランドクルーザーがランクインしているのは、恐らくマツダの勢力が衰えているからだと思います。CX-3やデミオはいつの間にかランク外となっており、気がつけばCX-5の1台のみなのです。マツダデザインの限界が来ているのでしょうか。

しかしここでマツダはCX-8を12月14日に発売する予定です。

マツダの3列シートモデルが発売されるのは久しぶりで、発表前から大きな注目を集めていました。マツダディーラーではすでに予約受注も開始しています。

新型「CX-8」は3列シートクロスオーバーSUVで、マツダの国内向けSUVラインアップにおける最上位モデルとなります。比較的高級志向の車両の位置付けなので販売数が伸びるかどうかは何とも言えないところですね。

 

また、スズキ「Xbee」の発売は12月中といわれています。

第45回東京モーターショーにも出展されたハスラーの普通SUV版である「Xbee(クロスビー)」を年内に発売するとしています。するとこのランキングにも変動が起きてきそうです。期待したいですね。

11月17日、特設サイトが公開されています。

http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/special/teaser/

特設サイトによると、クロスビーはISG(モーター機能付発電機)を使用したマイルドハイブリッドを採用する1.0リッター直噴ターボエンジンを搭載しており、トランスミッションは6速ATが組み合わされ、2WDと4WDが用意されるようです。

 

2016年から日本での新車販売がない三菱自動車が久々に発売するのが新型SUV「エクリプスクロス」です。スタイリッシュなフォルムに三菱伝統の筋肉質なデザインが特徴的です。スマートフォン連携ディスプレイオーディオなど、コネクティビティも充分です。

近年の三菱自動車のデザインテーマである「ダイナミックシールド」が使われています。ジュネーブショーでも人気を博していました。

欧州、豪州への出荷後は、北米、日本など世界各国に展開される予定です。日本での詳しい発売日は発表されていませんが、既に出荷されたことを考慮するとそう遠くないでしょう。

SUVが人気の昨今ですが三菱の影は薄いままです。SUVの王座に輝いていた三菱ですから、いい加減存在感を示しておきたいところです。果たして救世主となるでしょうか。

 

相変わらず順調に売れているホンダヴェゼルですが、2018年3月にマイナーチェンジするという噂があります。しかしエクステリアの大幅な変更はないそうです。

まとめ

カムリについては、7月~11月の5ヶ月で15,658台を販売し、大ヒットとは行かないまでも、その存在感を保っています。まだあまり街中では見かける印象がありませんが、不人気車種であるセダンがどこまで存在感を示せるか注目したいところです。

新型シビックが9月29日に発売開始となっていますが、今月のランキングには表れてきませんでした。今後どうなるのか気になりますね。

また、10、11月で販売台数に大きな変動を引き起こした日産、スバルの完成検査問題ですが、この影響をどこまで引きずるのかによって勢力図が変わってきそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-スズキ, スバル, ダイハツ, トヨタ, ホンダ, マツダ, 三菱, 情報, 日産, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【スズキ】スペーシアがモデルチェンジ!打倒N-BOXなるか。

スズキ スペーシアがフルモデルチェンジを行い、2017年12月14日に発売開始となりました。8月31日に一足早くモデルチェンジした軽自動車販売台数No.1のN-BOXを倒すべく、一体どのような変化を遂 …

タカタ倒産 今後はどうなる?

自動車部品大手のタカタが経営破綻しました。タカタ株式会社は、シートベルト・チャイルドシート・エアバッグなどを製造している大手企業であり、エアバッグで世界2位のシェアを誇っていました。自動車に欠かせない …

【事故】転落した車がケンメリを直撃!よりによって・・・

またしても旧車が犠牲になる事故が発生しました。 81歳の女性高齢ドライバーがフェンスを突き破り、下の駐車場に止めてあったスカイラインC110型(通称ケンメリ)に突っ込みました。 フェンス突き破り車転落 …

【ジープ】スクランブラーは25年ぶりのピックアップ!

ジープといえば日本国内で最も成功しているアメリカ車なのではないでしょうか。その本格的な走破性と唯一無二の個性が今でも多くの人を引き付けています。 そのジープから新たに「ピックアップ」モデルが発売される …

【豆知識】世界初のミニバンは1930年代に存在!?

日本国内における最近の売れ筋と言えば、何と言ってもSUVとミニバンでしょう。特にミニバンは荷物も人もたくさん積める、人気の車種です。 そんなミニバンのご先祖様といえる車をご紹介します。 目次1 ミニバ …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク