クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

スズキ スバル トヨタ ホンダ マツダ 三菱 情報 日産 自動車

【2017】10月度新車販売台数分析 日産大打撃!

投稿日:

Pocket

10月度の新車販売台数が自販連より発表されました。本記事ではそのデータをもとに詳しく分析したいと思います。新車ご購入の参考になれば幸いです。

※輸入車、軽自動車は含まれません。

順位 車種名 メーカー 販売台数
1 アクア トヨタ 10,931
2 プリウス トヨタ 10,014
3 ヴォクシー トヨタ 7,417
4 ルーミー トヨタ 7,090
5 フリード ホンダ 7,060
6 フィット ホンダ 7,020
7 シエンタ トヨタ 6,692
8 カローラ トヨタ 6,505
9 タンク トヨタ 6,064
10 ヴィッツ トヨタ 5,900
11 インプレッサ スバル 5,390
12 C-HR トヨタ 5,305
13 ノア トヨタ 5,097
14 ハリアー トヨタ 4,930
15 ステップワゴン ホンダ 4,737
16 パッソ トヨタ 4,079
17 ヴェゼル ホンダ 3,760
18 CX-5 マツダ 3,747
19 リーフ 日産 3,629
20 エスクァイア トヨタ 3,618
21 ソリオ スズキ 3,590
22 カムリ トヨタ 3,180
23 ヴェルファイア トヨタ 3,140
24 スイフト スズキ 2,756
25 ノート 日産 2,741
26 ランドクルーザー トヨタ 2,707
27 アルファード トヨタ 2,619
28 デミオ マツダ 2,548
29 シャトル ホンダ 2,423
30 レヴォーグ スバル 2,298

メーカー別販売台数

以上の販売台数上位30位の中に含まれる車種数をメーカー別で分類するとこのようになります。ついでに7月~9月と比較してみましょう。

メーカー 7月 8月 9月 10月
トヨタ 17 16 16 17
ホンダ 4 5 4 4
日産 3 3 3 2
マツダ 3 2 3 2
スズキ 2 2 2 2
スバル 1 2 2 2

やはりトヨタが最も多いですね。トップ10のうち8車種をトヨタが占めいています。この強さが弱まることはまずないでしょう。ホンダがそのあとを追う形はここのところ変わっていません。(ダイハツは販売の大半を軽自動車が占めるためかランク外)

各社トップセールス

1 トヨタ アクア 1位/30位
2 ホンダ フリード 5位/30位
3 スバル インプレッサ 11位/30位
4 マツダ CX-5 18位/30位
5 日産 ノート 19位/30位
6 スズキ ソリオ 21位/30位

先月は日産ノートがトップでしたが、今月は大暴落となりました。やはり2017年9月29日に発覚した「完成車検査不正問題」が大きく影響した形です。販売台数は先月の15,469台から12,728台減の2,741台となります。そのおかげでアクアが2か月ぶりにトップに返り咲きました。

【日産】完成車検査不正 書類偽装が発覚!今後の対応は?

2017年6月にマイナーチェンジしたホンダのフィットですが、ノートが陥落した今月も、まさかのトヨタラッシュによりそこまで伸びませんでした。トヨタの壁を乗り越えるのは厳しいようですが、今月は先月同様フリードが売り上げを伸ばしており7,060台を販売しています。

気になるカムリの順位は?

7月度の販売台数順位は3,244台で26位、8月度は販売台数を落とし2,728台で25位、9月度は3,324台で30位と最も売り上げを伸ばしました。

そんな中、10月度は3,180台で22位でした。

7月 8月 9月 10月
3,244 2,728 3,324 3,180

販売台数は144台減少したものの、ランキングでは22位と先月の30位から大幅にアップしました。個人的に注目している車種ですが、セダンは厳しいと言われるこのご時世、まさか日産ノートより売れる日が来るとは思いませんでした(笑)。

さらなる売り上げに期待したいところです。

カローラの販売台数は7月度6,580台、8月度4,969台、9月度5,549台でしたが、10月度は6,505台と販売数が増加しました。カローラはセダンタイプの「アクシオ」とワゴンタイプの「フィールダー」がありますが、大衆車として発売から50年以上たった今でもそれなりの売れ行きな所を見ると、その強さを感じます。

そんなカローラは2018年にフルモデルチェンジが噂されており、プリウスと同じプラットフォームによって3ナンバー化され、「プレミアムセダン」へと変わります。これが吉と出るか凶と出るか。今のところ新情報はありませんが、注目していきます。

売上トップのミニバンは?

上位30位に含まれるミニバンは、販売台数の多い順に以下の通りでした。

順位 メーカー 車種 販売台数
1 トヨタ ヴォクシー  7,417
2 ホンダ フリード 7,060
3 トヨタ シエンタ 6,692
4 トヨタ ノア 5,097
5 ホンダ ステップワゴン 4,737
6 トヨタ エスクァイア 3,618
7 トヨタ ヴェルファイア 3,140
8 トヨタ アルファード 2,619

ミニバンは先月同様30台中8台を占め、非常に人気ということが改めて分かります。やはりここでもラインナップの多いトヨタのミニバンが多くランクインしています。しかしここでも日産は不正問題の影響で、売れ筋の「セレナ」が出荷停止により販売台数0台となりました。

高価格のアルファード、ヴェルファイアも必ずランクインしています。やはり「最高級ミニバン」という唯一の立ち位置が一定のユーザーにも求められているようです。そう考えると三菱デリカももっと売れていいはずなんですが・・・。

ステップワゴンですが、スパーダモデルが2017年9月21日にマイナーチェンジされました。その結果がいまいちなのか、販売台数は先月に比べ減少しています。

また、ランキングには表れていないオデッセイに関しても、マイナーチェンジが行われる予定です。果たして販売台数を回復させることはできるのか注目ですね。

マイナーチェンジ後エクステリア

売上トップのSUVは?

上位30位に含まれるSUVは、販売台数の多い順に以下の通りでした。

順位 メーカー 車種 販売台数
1 トヨタ C-HR 5,305
2 トヨタ ハリアー 4,930
3 ホンダ ヴェゼル 3,760
4 マツダ CX-5 3,747
5 トヨタ ランドクルーザー 2,707

SUVも近年人気の車種ですが、ラインナップの多いトヨタが3車種ランクインしています。なんとランドクルーザーがランクインしています。日産エクストレイルなどの消滅で浮上してきたようです。マツダはCX-5が生き残っています。三菱・スバルはもっと頑張らないとですね。

てかフォレスターってよく見かけるんですけど、意外と売れてないんですね・・・。

今後の注目としては、スズキの「Xbee」です。

第45回東京モーターショーにも出展されたハスラーの普通SUV版である「Xbee(クロスビー)」を年内に発売するとしています。するとこのランキングにも変動が起きてきそうです。期待したいですね。

【スズキ】X-Beeコンセプト画像公開!おもったよりハスラーだった。

相変わらず2位をキープして順調に売れているホンダヴェゼルですが、そろそろテコ入れが必要なところ。いずれ実施されるであろうマイナーチェンジも気になります。

まとめ

カムリについては、7月~10月の4ヶ月で12,476台を販売し、1万台を超えました。10月は全体的に販売台数が減少しましたが、大きく増加しています。大ヒットとは行かないようですが、セダンがどこまで存在感を示せるか注目したいところです。

今後の注目としては、新型シビックが9月29日に発売開始となっています。ホンダとしてはまさに「これからだ」といったところですが、今月のランキングには表れてきませんでした。今後どうなるのか気になりますね。

また、今月の販売台数に大きな変動を引き起こした日産の完成検査問題ですが、新たにスバルでも無資格者による完成車検査の杜撰な体制が明らかになりました。

【スバル】完成車検査で問題発覚!30年前から?!

こちらも11月の販売台数に大きく影響してくると思われます。くしくも日産とスバルは東京モーターショーで隣同士のブースでした。競合メーカーにとっては販売台数を伸ばすチャンスですが、是非ユーザーを第一に、じっくり作り込んでほしいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-スズキ, スバル, トヨタ, ホンダ, マツダ, 三菱, 情報, 日産, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ユーロNCAP】今でも売られる型落ち車、その安全性は?

自動車は日々進化しており、なかでも「安全性」の進歩は燃費以上に各社とも力を入れている分野でしょう。安全性に対する規制は年々厳しくなっており、それを満足する車をメーカーは作らなければなりません。 しかし …

【豆知識】「R」にしたら音が鳴るのは日本だけ?

オートマチック車でバックするためにギアを「R」にすると、音が鳴りますよね。でも実はこの音、日本車特有のものなのです。 目次1 日本でも装着義務はない2 なぜ付いている?3 動画で紹介も 日本でも装着義 …

【スバル】新たな不正発覚!販売台数35%減少!

スバルの完成検査不正で、新たに対象車が増加しました。企業イメージの悪化は免れません。 目次1 吉永社長が代表権返上2 排ガス・燃費測定 その方法とは?3 スバルの販売台数 35%減少 吉永社長が代表権 …

新型アクア デザインはどう変わった?デザイン比較

トヨタの人気コンパクトカーの「アクア」は2011年に発売されました。低価格・低燃費のため大人気となり、今や街中で見かけない日は無いと言っても過言ではありません。 そんなアクアですが、2017年6月にマ …

【新型】トヨタジャパンタクシー発売!-海外の反応付き

トヨタ自動車は10月23日、日本の「おもてなしの心」を商品開発に取り入れたとする新型タクシー専用車「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」を、全国のトヨタ店、トヨペット店を通じて発売しました。 「匠( …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク